ワークフローとは?

ワークフローでは、Vance AIに搭載されている個々のAI機能を何度でも組み合わせて、さまざまな処理ニーズに対応することができます。

例えば、古い写真を修復して色をつけるなら、このようにワークフローを作ることができます。

「写真再生」→「画像ノイズ除去」→「写真カラー化」

上記のワークフローでは、まず古い写真の傷や破れなどを修復します。次に、写真からノイズを取り除き、より鮮明な写真にします。そして最後のステップは、この写真をカラー化することです。

ワークフローでは、元の画像を一度アップロードするだけで、プロセスに応じて画像が自動的に処理され、最終的な結果が一度に得られるため、ステップ数が大幅に減り、作業効率が上がり、時間を短縮することができます。