「免許証の写真を持ち込みで済ませたい」

「パスポート写真を撮りに行く時間がない」

こんな悩みを持っている方、たくさんいますよね。

免許証を取得する時って待ち時間がものすごく長いですが、その理由の一つが写真撮影に時間がかかるからです。

私も免許証を取得・更新するときに写真撮影のブースに長蛇の列ができているのを見てめまいがしたのを覚えています。

実は、あの写真撮影は免許証用の写真を持ち込めばスキップできるってご存知でしたか?

写真撮影をとばすだけでも大幅に時間短縮になるので、少しでも早く済ませたい方は自分で用意した写真を持ち込むのがおすすめです。

今回はオンラインで免許証の写真を作成する方法をご紹介します。

免許写真のチェックポイント

免許用写真の作成方法を教える前に、注意事項があります。

免許証の写真はいくつかの決まりを守らなくてはいけません。

まず最初はサイズ。

カラー写真で適切なサイズ(国内:縦3.0㎝×横2.4㎝;国外縦5.0cm×横4.0cm)を満たすようにしましょう。

また、正面を向いて、帽子などをかぶっていないことも必要です。

さらに、背景色が単色、フチに枠線がないもの、申請前6ヶ月以内に撮影したものである必要があります。

パスポートメーカーで免許写真を作る方法

おまたせしました!

それでは早速オンラインで免許写真を作成する方法をご紹介します!

VanceAI パスポート写真メーカー

じつは、こちらのツールを使えば簡単に免許写真を作れちゃうんです!

こちらのVanceAI パスポート写真メーカーは基本使用料無料で利用することができるようになっています。

使い方は至って簡単。まずは「パスポートを作成」をクリックして画像をアップロードします。そうすると作業ウインドウがひらくので写真を編集していきます。

画像を適切なサイズに調整

免許 写真 サイズ

上述したように、免許写真には定められたサイズがあります。

画像をアップロードしたら「画像をトリミング」というステップに進みます。そうすると画像を編集できるようになるので、「共通サイズ」の中から日本を選びます。

背景を透過(背景色変更)

画像 背景透過

次に、背景を設定していきます。

背景は単一で見やすい色ならなんでもよいのですが、白色か淡色を選びましょう。

ここまで着たら証明写真づくりはほとんど終わったも同然です。

次のステップに進み、完成した画像をダウンロードしましょう。

画質向上

「せっかく撮った写真がぼやけていて免許に使えない!」

そんな場合でも現地で撮り直さなければならないなんてことはありません。

VanceAI 画像鮮明化を使えば、ぼやけた画像でも免許証で使えるレベルまで鮮明にすることができます。

Vance AI 画像鮮明化は非常にシンプルなツールです。

AIを利用しており、ピンボケ補正に特化した機能を備えています。

ピンボケ補正、モーションブラーの低減に適しています。

料金は、毎月決まった枚数までは無料で使用することができるので気軽に試すことができますね。

使用方法は画像をアップロードして、処理を開始するだけ。処理がおわった画像をダウンロードするだけで鮮明な写真を使えるようになります。

まとめ

免許証で使う写真をオンラインで作る方法をご紹介しました。

今回ご紹介したVanceAI パスポート写真メーカーとVanceAI 画像鮮明化は非常にシンプルながら高機能なツールです。

どちらもディープラーニング技術を使用し、画像を鮮明にしたりサイズを編集したりすることができるようになっています。

みなさんも、パスポート写真や免許証の写真を作成するときにはぜひ使ってみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?