AI技術の発展につれて、今本当の人間だけではなく、デジタルヒューマンを使ってサービスを提供する場合が多くなってきました。その「デジタルヒューマン」って一体なに?利用するメリットや業界はなに?作り方は?本記事は以上の質問について詳しく紹介します。

バーチャル・デジタルヒューマンとは?

バーチャル・デジタルヒューマンとは

バーチャル・デジタルヒューマンとは、コンピューター技術を駆使して作成された人間の姿や動作を持つ仮想キャラクターのことです。これらのキャラクターは、AIや3Dモデリング、モーションキャプチャなどの技術を組み合わせてリアルな人間のように見えたり、振る舞ったりすることができます。

バーチャル・デジタルヒューマンは、エンターテインメント業界、マーケティング、カスタマーサポート、教育など、さまざまな分野で活用されています。最近では、SNSやライブ配信プラットフォームで活躍するバーチャルYouTuber(VTuber)や、広告キャンペーンに登場するデジタルインフルエンサーも増えてきています。

 

デジタルヒューマンを利用するメリット

デジタルヒューマンを利用するメリット

デジタルヒューマンを利用するメリットは多岐にわたります。以下では、特に重要なポイントを詳しく紹介します。

1. コスト削減

デジタルヒューマンは一度作成すれば、何度でも繰り返し利用できます。これにより、人間のモデルや俳優を繰り返し雇う必要がなくなり、長期的なコスト削減が可能です。そして、デジタルヒューマンを使うことで、物理的な撮影場所やセット、照明、カメラなどの機材が不要になります。特に高額なロケーション撮影や大規模なセットが必要な場合、大幅なコスト削減が期待できます。

2. クリエイティブな自由度の向上

デジタルヒューマンは、現実では不可能なキャラクターやシーンを簡単に作り出すことができます。たとえば、ファンタジーやSFの世界観を持つキャラクターや、物理的に存在しない場所での撮影などが可能です。これにより、クリエイターはより自由にアイデアを実現できます。

3. 一貫性と品質の保持

デジタルヒューマンは、いつでも同じ外見と振る舞いを維持できます。これにより、長期間にわたるプロジェクトやキャンペーンで一貫性のあるキャラクター表現が可能です。また、人間と違い、疲れや体調の変化によるパフォーマンスのばらつきがないため、常に高品質な成果を期待できます。

4. グローバルな展開

デジタルヒューマンは、言語や文化の壁を越えてグローバルに展開することができます。多言語対応や文化に応じたカスタマイズが可能であり、世界中の顧客に一貫したブランド体験を提供できます。

 

バーチャル・デジタルヒューマンの活用事例

デジタルヒューマンの活用事例

1. エンターテインメント

バーチャル・デジタルヒューマンは、映画やゲームのキャラクターとして広く利用されています。例えば、映画「アバター」や「トロン:レガシー」では、3Dモデリングとモーションキャプチャ技術を使用してリアルなデジタルキャラクターが登場します。また、ゲーム業界でも、プレイヤーが操作するキャラクターやNPC(ノンプレイヤーキャラクター)として使用されています。

2. マーケティングと広告

企業はバーチャル・デジタルヒューマンを使用して、ブランドの顔として活躍させることが増えています。有名な例として、韓国のバーチャルモデル「ロジー」があります。ロジーはインスタグラムで多くのフォロワーを持ち、さまざまなブランドとコラボレーションしています。このように、デジタルインフルエンサーとして活用することで、ターゲット層に効果的にアプローチできます。

3. カスタマーサポート

バーチャル・デジタルヒューマンは、カスタマーサポートの分野でも利用されています。AIチャットボットに人間らしいアバターを追加することで、ユーザーとのコミュニケーションがより親しみやすくなります。例えば、日本の企業では、銀行や保険会社でバーチャルアシスタントが導入されており、24時間体制で顧客の問い合わせに対応しています。

4. 教育とトレーニング

教育分野でもバーチャル・デジタルヒューマンの活用が進んでいます。オンライン教育プラットフォームでバーチャル教師として使用されたり、医療や工業などの専門分野でのトレーニングシミュレーションに利用されています。これにより、実際の環境でのリスクを減らしながら、リアルな体験を提供することが可能です。

 

バーチャル・デジタルヒューマンの作り方

デジタルヒューマンの作り方

バーチャル・デジタルヒューマンの作り方には、複数のステップが含まれます。以下では、具体的な手順とそれぞれの詳細について詳しく紹介します。

1. コンセプトの決定

まず、バーチャル・デジタルヒューマンの基本的なコンセプトを決定します。ここでは以下の要素を考慮します。

  • キャラクターの目的:エンターテインメント、マーケティング、教育、カスタマーサポートなど。
  • ターゲットオーディエンス:どのような人々がこのキャラクターに興味を持つか。
  • 外見と性格:キャラクターの外見(性別、年齢、服装など)や性格(フレンドリー、プロフェッショナルなど)。
  • ストーリーと背景:キャラクターのバックストーリーや世界観。

 

2. 3Dモデリング

コンセプトが決まったら、3Dモデリングソフトを使用してキャラクターのモデルを作成します。

  • 使用するソフトウェア:Blender、Maya、ZBrushなどの3Dモデリングソフト。
  • 基本形状の作成:キャラクターの全体的な形状を作成。顔、体、四肢の基本的なプロポーションを設定。
  • ディテールの追加:肌のテクスチャ、髪の毛、服装、アクセサリーなど、細部を作り込みます。
  • リグ(骨組み)の作成:キャラクターに動きを与えるための内部の骨組みを設定します。

 

3. テクスチャとシェーディング

3Dモデルにリアルな外観を持たせるために、テクスチャとシェーディングを行います。

  • テクスチャの作成:PhotoshopやSubstance Painterなどのソフトウェアを使用して、キャラクターの肌、服、アクセサリーのテクスチャを作成します。
  • シェーディング:3Dモデルに光と影を設定し、リアルな見た目を実現します。シェーダーの設定を調整して、肌の質感や服の素材感を表現します。

 

4. モーションキャプチャ

キャラクターにリアルな動きを与えるために、モーションキャプチャ技術を使用します。

  • モーションキャプチャスタジオ:モーションキャプチャ用のスタジオで、人間が特殊なスーツを着て動作を記録します。
  • データのクリーンアップ:キャプチャされたデータをクリーンアップし、不自然な動きを修正します。
  • アニメーションの適用:キャプチャデータを3Dモデルに適用し、自然な動きを持たせます。

 

5. フェイシャルキャプチャとリップシンク

キャラクターの表情や口の動きをリアルにするためのステップです。

  • フェイシャルキャプチャ:顔の動きをキャプチャするために、カメラやセンサーを使用します。
  • リップシンク:キャラクターが話す際に、音声データに合わせて口の動きを調整します。専用のソフトウェア(例:Faceware、iClone)を使用します。

 

6. AIの統合

インタラクティブな要素を追加するために、AI技術を統合します。

  • チャットボット:自然言語処理技術を使用して、ユーザーとの会話を可能にします。DialogflowやWatsonなどのAIプラットフォームを利用します。
  • 機械学習:ユーザーの行動を学習し、より適切な応答や提案を行うために、機械学習モデルを統合します。

 

7. サウンドデザイン

キャラクターの声や効果音を追加します。

  • 音声録音:プロの声優を起用して音声を録音します。
  • 音声合成:合成音声技術(例:Amazon Polly、Google Text-to-Speech)を使用して、キャラクターの音声を生成します。
  • 効果音の追加:キャラクターの動きやインタラクションに合わせた効果音を追加します。

 

2Dバーチャルヒューマン作成するAIツールーーVanceAI描画

VanceAI描画

VanceAI描画は、2Dバーチャルヒューマンを生成するためのAIお絵描きツールです。最新の人工知能技術を駆使して、リアルで魅力的なバーチャルヒューマンの画像を簡単に作成することができます。特に、デジタルアーティスト、ゲーム開発者、マーケティング担当者、教育者など、さまざまな分野のプロフェッショナルにとって便利なツールとなっています。

特徴

  1. 簡単な操作:VanceAI描画は、ユーザーが簡単に操作できるインターフェースを提供しています。専門知識がなくても、直感的に使えるデザインが特徴です。
  2. 高品質な生成画像:高解像度でディテールに富んだ画像を生成します。髪の毛や目の細かい部分までリアルに描写され、プロフェッショナルな仕上がりを実現します。
  3. 多様なカスタマイズオプション:ユーザーは、生成するオリキャラの性別、年齢、髪型、服装、表情など、さまざまな要素を細かくカスタマイズできます。これにより、目的に応じた最適なバーチャルヒューマンを作成することが可能です。
  4. 迅速な生成速度:VanceAI描画は、強力なAIアルゴリズムを利用して高速に画像を生成します。数秒で高品質な2Dバーチャルヒューマンを得ることができるため、プロジェクトの進行をスムーズに進めることができます。

VanceAI描画

VanceAI描画は、2Dバーチャルヒューマンを簡単かつ迅速に生成できる強力なツールです。高品質な画像生成、多様なカスタマイズオプション、迅速な生成速度など、プロフェッショナルが求める要素を兼ね備えています。ゲーム開発、マーケティング、教育、エンターテインメントなど、さまざまな分野での活用が期待されるこのツールは、AI技術の進化とともに、さらに多くの可能性を提供していくでしょう。

 

まとめ

バーチャル・デジタルヒューマンは、最新の技術を駆使して作成される仮想キャラクターであり、多くの分野でその可能性が広がっています。エンターテインメントからマーケティング、教育まで、さまざまなシーンで活用されるバーチャル・デジタルヒューマンは、今後ますます注目を集めることでしょう。正確なコンセプト設定と技術の統合によって、よりリアルで魅力的なキャラクターを作り出すことが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
Akaru
Akaru
「ググればなんとかなる」という言葉に非常に共感するアカルです。まとめた情報がお役に立てば幸いです。