就活では、履歴書に貼る証明写真が必要不可欠ですが、撮影・加工処理となると手間や費用がかかりますよね。

そこで今回は、自宅で簡単に就活証明写真を綺麗に処理する、おすすめのAIツールについて解説します。

証明写真の重要性

証明写真の重要性

日本の就職活動では、外見や礼儀正しさなどの印象を重視するため、証明写真が就活の成功を握るといっても過言ではありません。写真は面接や採用の際に求職者の印象を左右する重要な要素となり、多くの企業は人物像の把握のために写真の提出を求めています。

さらに、証明写真は身元の証明としても役に立ちます。就職活動において、面接時に履歴書の写真と見比べて、本人確認を行っているのです。また、証明写真は公的な書類や証明書類などにもそのまま流用可能なため、正確でプロフェッショナルなものにしましょう。

就活証明写真の基本ルール

日本では、就職活動用の証明写真には守るべき基本的なルールがあります。以下の要点を押さえて完璧な証明写真を撮りましょう。

  • 写真はカラーで、背景は無地にすること。
  • 少し微笑む程度の表情を作ること。
  • 顔と頭が中央にあり、肩の上部が見えるようにすること。
  • 髪は黒もしくは茶で控えめな色にすること。
  • メイクは濃くなりすぎないようにすること。
  • 男子、女子ともに前髪で目が隠れないようにすること。
  • 帽子、サングラス、その他顔を隠すようなアクセサリーを着用しないこと。
  • 写真は最近のもので現在の容姿を正確に見せること。
  • 証明写真の大きさは「3cm×4cm」にすること。

 

就活証明写真を自作する方法——自撮り+AI画像処理

自撮りとAI画像処理を使用することで、自宅で簡単に就活証明写真を自作することができます。証明写真は、スマホで自撮り+Webツールで処理がスタンダード。自宅で簡単に証明写真が撮影できるアプリは、下記をご参照ください!

【あわせて読みたい:おうちで簡単!スマホで証明写真が撮れる便利ツール10選【保存版】

自撮りを証明写真用に加工するオンラインツール——VanceAIパスポート写真メーカー

VanceAIパスポート写真メーカー

スマホで自撮りした写真は、VanceAIパスポート写真メーカーで証明写真用に加工しましょう。VanceAIパスポート写真メーカーは、画像をアップロードするだけで、最適なサイズのパスポート写真や履歴書証明写真を、手軽に作成できるオンラインツールです。

自動的に写真の背景を削除し、無地背景に置き換えることができ、サイズ調整も可能。国別の写真サイズを選択できるため、海外就活用のレジュメ・CV写真も作成できます。

 

画像を高画質化したい場合

スマホのカメラやアプリの仕様によっては、画質が粗く履歴書用の証明写真として使えなくなることも。その場合は、VanceAIパスポート写真メーカーで加工する前に、高画質な写真を用意することが大切です。画像の高画質を求め、ブレやぼやけも軽減させるなら、VanceAI画像拡大を使用しましょう。

画像を高画質化するオンラインツール——VanceAI画像拡大

VanceAI画像拡大

VanceAI画像拡大は、証明写真を数秒で高画質にするサイトです。Photoshopのような複雑なソフトを使わなくても、アップロードして数秒待つだけで高画質化されます。また、最大8倍にまで画像を拡大できるため、距離感のある写真も希望のサイズにリサイズ可能。

処理した写真は、印刷しても高画質を保ったままなので、紙の履歴書として提出する場合にも最適です。

 

まとめ

今回は、就活用証明写真を手軽に加工・処理できるAIツールをご紹介しました。撮影や編集にかかる費用と時間を節約しながら、簡単に自分好みの証明写真を作成するなら、VanceAIパスポート写真メーカーとVanceAI画像拡大を併用してご使用下さい。VanceAIを使用した完璧な就活写真で清潔感と信頼感を与えて、内定をゲットしましょう!

この記事は役に立ちましたか?