1.Vance AI画像拡大の特性

画像拡大 AI 自動 VanceAI

Vance AIではAIを利用して画像拡大するときに微調整を行ってくれます。自動的に拡大したい画像データの特性や内容を分析して、必要に応じてピクセルを補充する機能を有しています。単純に画像データを拡大したときに起こりがちな粗雑な仕上がりを避けられるわけです。

2. Vance AI画像拡大を使う手順

では具体的にVance AIを使ってどのように画像を拡大すればいいか気になるでしょう。初めて利用する方でもそんなに難しくありません。以下で紹介する3ステップで完了してしまいます。

2-1.手順1:アップロード

画像拡大 自動 VanceAI画像拡大  アップロード VanceAI

「画像拡大」ページにアクセスすると、左側に「アップロード」というボタンがあるのでこちらをクリックします。すると「ワークスペース」というウィンドウが出てきます。中央部分に拡大したい画像をドラッグする、もしくは「アップロード」をクリックして拡大したいファイルを指定しましょう。2.8メガピクセル・5MBが上限なので気をつけましょう。

2-2.手順2:設定をする

画像拡大 ノイズ除去

アップロードが完了したら、「アップロードされた」タブをクリックすると左側に対象の画像が表示されるはずです。右側に設定画面が表示されているので、「AI 画像 拡大」になっていることを確認して倍率を決めましょう。Vance AIでは2倍と4倍、6倍、8倍の4つのメニューがあります。2倍は無料でも可能ですが、4倍以上を希望する場合には有料ユーザーにならなければならないので注意しましょう。ほかにもぼかし除去やノイズ抑制の機能もあるので、こちらも利用すればさらにきれいに仕上げることも可能です。

2-3.手順3:ログインしてダウンロード

画像拡大 高画質 画像処理

設定を完了したところで、「処理を開始」というボタンをクリックします。あとは自動的に画像を高画質の状態で拡大してくれます。大体画像の拡大には10~30秒くらいかかると思ってください。拡大された画像データをダウンロードするためには、会員登録してログインする必要があります。また処理を始める前にログインをしておくと、より迅速に拡大できます。最初のうちにログインをするのがおすすめです。

3.まとめ

画像拡大 ワークフロー 効率

Vance AI 画像拡大 は人工知能を使って自動的に画質を調整しながら拡大できるので、初心者でもきれいな拡大画像を手に入れられます。さらに、ワークフロー機能では、複数のAI機能を一つの写真編集プロセスに統合できます。ワークフローを使うことで、画像拡大を含む様々な編集機能をカスタマイズすることでワンステップで画像を処理することができます。写真拡大、画質向上などの画像処理をしたければ、導入を検討してみてもいいでしょう。

合わせて読む:初心者向けのピンボケ写真修正ツールVance AI 画像鮮明化