動画高画質化

 

動画 高画質化を左右する要素は多くかあります。例えば、解像度、フレームレート、画面の輝度、輝度のゲイン(コントラスト)、色相、彩度、ノイズ、シャープネスなどです。その中最も根本的に動画の品質を左右するものというと、解像度とフレームレート(FPS)に絞るはずです。

これ二つのパラメータを引き上げることで、動画 高画質化は明らかなほど達成できます。本記事はフレームレートと解像度をレベルアップさせ動画 高画質化に大いに作用できるパソコンユーザー向けのソフトとアプリ及び重要な使用手順をまとめました。ぜひ、以下のツールを見逃さないでください。

 

Part1: フレームレート(FPS)、解像度と動画 高画質化

1. 動画のフレームレートとは?

フレームレートは英語でFrames rateで、単位の時間内に行進する静止画(frame)の枚数(「コマ」数)を指します。その単位のFPSは英全称でFrames Per Secondで、毎秒のフレイム数を言います。FPSが大きいほど、動きが滑らかなになり、動画 高画質化になります。

人間が自然だと思える動画のフレームレートは最低24~30fpsぐらいです。

 

2. 動画の解像度とは?

動画の解像度は動画の画面に含まれるピクセルの数(画素の数)を指します。普通では、1280×720または720pのように表記されています。解像度が大きいほど、パソコンでより大きい画面ではっきりと再生できます。

 

Part2: 高フレーム化で動画 高画質化の実用的ツール

 

1. DAIN_APP 

動作環境:NVIDAビデオカード付きのWindows PC

料金:完全無料

ソフトのサイズ:785MB

dain-app

DAIN_APPはAIの技術を利用した無料のWindowsアプリです。このソフトを使って映画、ストップモーション動画、アニメなど様々な動画のフレームレートを補間してより滑らかな再生を実現できます。

これまで、三つのアルファ版のアプリがリリースされました。最近のリリース時間は六月です。このAIのアルゴリズムに基づいたアプリを使用するために、CUDA 5を備えたNVIDAのビデオカードが必要です。

使い方もとても簡単です。動画やGIF画像を入力して、「Render」のボタンをクリックして開始します。そして完全の動画をエクスポートすればいいです。

「Out of Memory」が提示されて正しく動作できない場合、ファイルが大きすぎるのは原因です。「Split」オプションを選択して動画を断片的に一つずつレンダリングすることにしましょう。

 

2. Ffdshowビデオデコーダー

動作環境:Windows

料金:完全無料

ソフトのサイズ:15.5MB

ffdshow-ビデオデコーダー

Ffdshowはいくつの機能がありますが、動画 高画質化をするために主に利用されているのは「ビデオデコーダ―」です。パソコンにインストールされていない映像コーデック、動画再生プレイヤーに内蔵されていない映像コーデックを再生できます。簡単に理解すると、動画を再生する時、フィルターを掛けることで、動画 高画質化されたようにすることができます。実際に動画ファイル自体は高画質化処理されていないです。

このデコーダーを使用すると、動画をプレイヤーで再生する時、フレームレートを倍増させることができます。特にFPSがもともと低い動画は明らかに滑らかなにすることができます。また、動画画面のノイズ、シャープネス、色彩、コントラストなど色々なパフォーマンスを調整することで動画 高画質化させることができます。

注意しなければならないのは、ffdshow自体は動画プレイヤーの機能を持っていないので、このアプリ内で設定を済ませた後、他のプレイヤーを開いて、そこからffdshowのデコード―を有効にする必要があります。また、大部分な動画をこのアプリで動画 高画質化させることができますが、一部の二次加工や特殊変換された形式の動画に運用すると、逆効果を招くこともあります。


3. SmoothVideo Project(SVP)

動作環境:Windows、Mac、Linux

料金:$19.9

ソフトのサイズ:11MBほど

Video-Project(SVP)Smooth

SVPは動画に対してフレーム補間をすることができるソフトウェアです。このソフトでフレーム変換された動画のFPSは60以上になることもできます。ソフトをインストールしてから、提示の通り使えば、動きの荒い画像を高フレーム変換させてぬるくすることができます。フレームレートの増加された動画を出力したら、動画 高画質化が完成です。

このソフトを使うには、一定のスペックが要求されています。主にはCPUが変換作業を担うから、スペックの足りないパソコンでフレームレート増加をする場合、CPUの使用率が爆増となり、プロセス中止となりやすいです。GPUとCPUの性能が十分な場合は全然問題ないです。

 

Part3: 動画の解像度を向上させる実用的ツール

フレームレートは24fpsの最低限で物足りると思っている人は多分おおくいますが、動画の解像度は最低限になると多くの人は苛立つようになるはずです。解像度は動画 高画質化を影響するもっと直感的な要素だとは言えるではありませんか。それでは、これからは動画解像度を改善するツールです。

 

1. Anime4K

動作環境:Win ; MacOS

料金:無料

サイズ:1MBほど

Anime4k

Anime4KはGitHubで配布されている動画 高画質化のプラグインです。「MPC-BE」「MPC-HC」などのプレイヤーにインストールして動画を観賞する時、リアルタイムで動画を高解像度化させることができます。特にアニメタイプの動画に対して解像度を上げることで明らかに動画 高画質化させることができます。

ノートパソコンの低スペックGPUでもわずか9ミリ秒の内に高解像度化をすることができます。なのでリアルタイムで動画 高画質化ができます。MPC-BE、MPC-HCMPV、madVRのプレイヤーでこのプラグインを使うのがおすすめです。

一方、普通に高解像度化の動画を生成する前に、色々なインストールと配置は必要です。パソコンに苦手な方にとっては使いづらいかもしれません。使い方はこの記事にご参考ください。

 

2. Shooter Instant 4K

動作環境:Windows MacOS

料金:$99

ソフトのサイズ:400MB

Shooter-Instant-4K

Shooter Instant 4Kは動画 高解像度化による動画 高画質化を実現できるプラグインです。このツールで、低い解像度の動画を素早く720P、1080p、2k、4Kの高画質に変換させることができます。プラグインとして、Adobe After Effects: CC 2017およびAdobe Premiere Pro: CC 2017以降のバージョンにインストールして使う必要があります。

スマートなアルゴリズムを利用して、動画に自然な新しいピクセルを増やすことで、動画 高画質化させて、画面のシャープネスとアンチエイリアシングを補強し、画面のディテールをより繊細ことができます。

After EffectsやPremiereに慣れているユーザーにとって、使い方も簡単です、効果のパネルでShooter Instant 4Kのツールを見つけ、動画クリップの上にドロップすればいいです。色々な解像度のプリセットがあってややこしい設定は要らないので、見て分れると思います。

 

3. Topaz Video Enhance AI

動作環境:Windows MacOS

料金:$199

ソフトのサイズ:2.2GB

Topaz-Video-Enhance-AI

Topaz Video Enhance AIもAI技術を利用した解像度向上を実現できる動画 高画質化の大型ソフトです。最大で動画を8Kまで高画質にまでレベルアップさせることができます。品質の低い録画、古いホームムービーなど様々な元動画をSD、HD、DVD 解像度以上の高品質、高解像度動画に変換できます。正確的に動画の細部をリアルほどに修復することができるようです。Gigapixel AIという会社が販売している製品として、ブランドは完全に信頼できますが、価格がちょっと高いです。無料で試用できます。

 

まとめ

今回はフレームレートと解像度を高めることで動画 高画質化を実現できるツールを紹介しまあした。中には、無料で使用できるツールと小型アプリが大半で、有料ソフトも試用枠が付いています。気軽にお試しください。