手元にある古い白黒写真。実は、自動で色付けできるツールがあるんです。

AIを使ってカラー化できる高性能Webツールから、手軽に使えるスマホアプリまで、今回は白黒写真自動着色ツールを徹底比較していきます。

実際の白黒写真を使った比較画像もありますので、お見逃しなく!

白黒写真自動着色オンラインツール!【3選を比較】

白黒写真

特に高性能なツールが揃うWebツールからご紹介。日常でパソコンを頻繁に使用したり、写真をパソコンで管理したりしている人にはおすすめです。

VanceAI 白黒写真カラー化

白黒写真

あらゆる画像処理機能が揃うVanceAI。モノクロ写真のカラー化はAI着色アルゴリズムが使われているため、短時間で鮮やかなカラー写真が手に入ります。感覚的に使える操作性も魅力。さらに、傷ついたり、

Colourise.com

白黒写真

非常にシンプルに使えるツールです。写真をドラッグ&ドロップするだけなので、パソコン初心者でも簡単。また、英語のみですがシンプルな操作のみなので問題ありません。

DetaChef

白黒写真

こちらも画像をアップロードするだけで自動カラー化が叶うツール。その他、写真を浮世絵風にしたり、反画風にしたりなど遊び心のある機能も揃っていますので、白黒以外の機能も欲しい方にはおすすめ。

自動着色3つのウェブツールの仕上がりを比較!

白黒写真

こちらの白黒写真を使って、各ツールで色付けした結果がこちら。

白黒写真カラー

VanceAI白黒写真カラー化・Colourise.comはとても鮮やかで自然な仕上がりなのに比べ、DataChefは彩色があまり出ていない、彩度低めの仕上がりです。

白黒写真が自動色付けできるスマホアプリ!【3選を比較】

スマホアプリ

続いて、より手軽に使えるスマホアプリをご紹介。

Colorize : Color to B&W Photo

白黒写真

白黒写真をカラー化したり、昔の写真を修復したりする機能を搭載。使い勝手が良いですが、フリーズすることがたまにあるようです。

Photomyne (App Store / Google Play)

白黒写真

日本語対応しているので、日本人にとっては安心して使えるアプリです。英語はちょっと・・という方にオススメ。

Face Restore

白黒写真

英語のみですが、非常にシンプルな操作で色付けが可能。古い写真を読み取って、破けた部分を修復することも可能です。

自動着色3つのスマホアプリの仕上がりを比較!

白黒写真

アプリでも、同様の写真を使って仕上がりを比較してみました。

白黒写真カラー化

好みの世界にはなりますが、一番鮮やかなのはFace Restoreですね。より自然に見えるのはPhotomyneでしょうか。Colorizeは一番彩度が低めです。

まとめ

モノクロ写真を手軽に色付けできるWebツールやアプリをご紹介しました。また、各ツールの仕上がりを実際に比較してみたことで、仕上がりの良さに驚き、ツールごとの特徴がわかったと思います。

この記事は役に立ちましたか?