「大切な写真を活かしてポスターを作りたい」

「写真を拡大印刷したい」

撮った画像を高画質化てポスターを作りたいと思ったことはありませんか?

でも、単純に画像を拡大しただけではボケやシャギーが発生してしまいますよね。

ポスターのように大きなサイズに画像を拡大すると、普通の方法では画質が荒くなってしまうので、専用の画像拡大ツールを使う必要があります。

今回はツールを使ってポスターサイズに画像を拡大する方法をご説明いたします!

ディープラーニングによるAI画像拡大の仕組みとは

画像拡大ビフォー・アフター

まずは画像を綺麗に拡大する仕組みをご説明します。

画像拡大するにはいくつか方法があるのですが、ここではディープラーニングを用いた方式を選びました。

従来の方法では、拡大した点の画素値に、最も近い点の画素値をそのまま用いることで補間していました。しかし、この方法ではボケやシャギーが発生してしまいます。

そこで、近年使用されるようになったのがディープラーニングによる画像拡大です。

ディープラーニングを用いて元の画像に含まれない成分の推定を行うことで、画質を保ったまま画像を拡大することができるようになりました。

VanceAI画像拡大の使い方

それではさっそく画像拡大ツールをご紹介します

VanceAI画像拡大はAIを用いたディープラーニングを行うことで画像をくっきり綺麗に拡大することができるんです。

ポスターサイズにしたい画像をアップロード

画像拡大 アップロード

まずは拡大したい画像をアップロードします。「アップロード」をクリックして、PCから拡大したい画像を選択しましょう。

アップロードしたら、画面右側で諸設定を行いましょう。

出力設定を選択して処理を行う

画像拡大 出力設定

画像拡大の倍率、ノイズ、ぼかし除去の割合を決めます。

ノイズ、ぼかしの除去は自動設定にすることも可能です。

また、登録ユーザーは出力を詳細に設定することも可能です。

出力フォーマットなどを細かく設定できますよ。

設定が終わったら、「処理を開始」をクリックします。自動で処理がスタートするので終わるのを待ちましょう。

AI高画質化された画像をレビューして、ダウンロード

画像拡大 レビュー

処理が完了したら、出来栄えをチェックしましょう。問題なければ、処理済みの画像をダウンロードして終了です。

まとめ

VanceAI画像拡大を用いて画像をポスターサイズに拡大する方法をご説明いたしました。

この高画質化 サイトを利用すればディープラーニングを活用した技術で簡単に綺麗な拡大画像を作成することができます。

ぜひ、使ってみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?