として、一躍人気になったのが「ディープノスタルジア」というアプリ。
今回は、そのディープノスタルジアという機能について解説していきます。また、他にも類似機能を持つツールをいくつか紹介しますので、いろいろなツールを使って楽しんでみてください。

ディープノスタルジアアプリ

ディープノスタルジアとは

ディープノスタルジア カラー化

イスラエル企業・MyHeritageが提供するディープノスタルジア。
ウェブ上で顔写真をアップロードするだけでAIが顔を自動認識し、動画として加工される=画面上で顔が動くようになります。もちろん、モノクロ写真だけでなくカラー写真にも対応していますよ。

なお、ディープノスタルジアは5枚の写真まで無料、その後は有料となります。

ディープノスタルジアの代わりに使える!オススメツール5選

ここでは、ディープノスタルジアに類似した、古い写真の加工機能を提供するツールを紹介。
どれも使い方がシンプルで、パソコンに慣れていない方でも安心して使うことができます。

Vance AI白黒写真カラー化

VanceAI  白黒写真カラー化

モノクロ写真をワンステップでカラー化してくれるツール。最先端のAIの着色アルゴリズムを採用していて、作業効率もトップクラス。
VanceAIは基本は有料ですが、無料でお試しもできます。

Colorize

Colorize-AI

こちらもAIを使ったウェブアプリ。昔の写真を瞬時に色付けできます。5MB、3000×3000サイズまでなら無料で使うことができます。

DataChef

DataChef カラー化
 

同様にAIでカラー化ができるウェブアプリ。逆にカラーの写真をモノクロ化することもできます。

DeepAI Image Colorization API

DeepAI Image Colorization API

モノクロ写真だけではなく、なんと白黒動画まで色付けできるアプリ。アカウント作成は必要ですが、動画をカラー化したい人にはオススメです。

Colourise.com

Colourise.com

古い写真をワンステップでカラー化できるウェブアプリ。サイズ制限が1200×1200で少し厳しめなのと、日本語対応が無いのがデメリットです。


まとめ

古い写真をアニメーション化できるでィープノスタルジアや、昔の写真をカラー化できるツールを紹介しました。ぜひアルバムをめくって、懐かしい人のカラー写真や笑顔を楽しんでみてくださいね。
 

この記事は役に立ちましたか?