なんだか暗い、肌が荒れて見える、環境のせいで綺麗に撮れない、等々・・。

だからといって撮影場所を変えたり、メイクを変えてみたり、ましてや別のカメラを用意するなどははっきりいって面倒です。

そもそも以前に撮影した画像が良くて、その画像に問題があったり、サイズが小さい場合は再撮影そのものが難しいこともあります。

ではどうするのが良いかというと、顔写真を加工したり肌を綺麗にする補正アプリを使って、写真を補正してしまうのが正解です。

それもまた単なるプログラムによる自動加工では満足のいく仕上がりとならないこともあります。

なので単なるプログラムではない、より高度な処理ができるAIを使ったものがおすすめです。

AIを活用したアプリであれば、ディープラーニングで写り方ごとにどう補正すれば良いのかを学習したAIが、写真を認識した上で最適な補正を施してくれます。

そうすることで特に手間をかけることなく、人がやったような綺麗な補正がなされたポートレート写真に仕上がります。

そんな、VanceAI機能についてご紹介致します。

肌を綺麗にする顔写真レタッチAI

顔写真 レタッチ

肌を綺麗にしたいなら、VanceAI 顔写真レタッチがおすすめです。

顔加工に特化したAIなのでニキビやシワ、シミを消して、歯のホワイトニングに至るまで、必要な修正をワンクリック一括で行ってくれます。

また画像の質も改善してくれますので、鮮明でくっきりとした画像に仕上げることが可能です。

いわば手軽に盛れる写真を、しかも不自然さを出すことなく行ってくれるAI機能になります。

写真の画質を補正するAI

顔写真 ピンボケ 補正

撮影に失敗しているなど、写りそのものに問題がある場合はVanceAI 画像鮮明化が役に立ちます。

ピンボケなどの補正に特化したAIアルゴリズムを用い、ピンボケや手ブレ、被写体ブレしている画像から自動で輪郭やエッジ、正しい色合いなどを判別して補正します。

そのため上手く撮れずボヤッとしてしまっている写真でも、くっきりはっきりした高画質な写真に変えられます。

画像拡大するAI

顔写真 拡大

肌や写り以前に、画像のサイズが小さすぎて困ることもありますが、その場合はVanceAI 画像拡大が使えます。

通常小さい画像を無理に拡大すれば足りないピクセルが拡大されて、モザイクのようになってしまうだけです。

しかしVanceAI 高画質化サイトはAIを駆使しますので、拡大すると足りなくなる細かいピクセルを予測して補充することで画質を保ったまま、画像を8倍まで拡大することが可能です。

以前に撮影した小さいサイズのポートレートを活用したい場合、こちらが非常に役立ちます。

まとめ

このようにVanceAIはディープラーニング技術を用いることで、各状況に応じたAIアルゴリズムがあります。

なので肌荒れや、撮影の失敗、画像の小ささそれぞれ異なる状況に対応させることが可能となっています。

また場合によっては1度処理してまた別のAIで、といった形で複数の問題を処理することもできます。

これらを活用することで、納得のいくポートレートに仕上げてみてください。

この記事は役に立ちましたか?