「かわいいイラスト素材でパンフレットを作りたい」

ネットでイラストを探していてもかわいいものがなかったり、有料でしか利用できなかったり。

そんなとき無料で利用できるクリップアートがあれば嬉しいですよね。

今回は無料で使用できるクリップアートの素材サイトをご紹介いたします。

無料素材サイトというのは、いろいろなクリップアートを集めた保管庫のような場所です。すぐに利用できるようになっているので、複雑な操作や知識は何もいりません。

今回ご紹介するのはイラストですが、もし似顔絵を使用したい場合はVansPortraitを使えば自分の似顔絵からカンタンにかわいい似顔絵を作ることができます。SNSのアバターにも利用できますよ!興味があったら、VanceAIを試してみましょう。

Vansportrait

クリップアートとは

クリップアートとは、文書や年賀状の裏面、自分のウェブサイトなどに貼り付けて使えるイラストや写真のことです。

以前はMicrosoft社のソフト、PowerPointに標準搭載されていたため、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。文書の挿絵として用いられるだけではなく、SNSでアイコンに用いるアバターとして使用されることもあります。

ちなみに、クリップアートは2種類あり、ドットで構成されたビットマップ画像、矢印や円などの図形で構成されるベクター画像に大別されます。

今回はクリップアートの無料素材サイト10選をご紹介します。

クリップアート素材サイト10選

Ricoh Printout Factory

printout factory

Printout Factoryはコピー機などを手がけるRicoh社のサービスです。生物、歴史、スポーツなど幅広くイラストが用意されています。更新頻度が高く、頻繁に新しいイラストが追加されているので、随時チェックしましょう!

ピクトアーツ

ピクトアーツ

ピクトアーツのクリップアートはパソコンやケーキなど日常の周りのものがシンプルに表現されているのが特長です。シンプルなので使いやすくどんな場面でも利用できそうです。

Tech Pic

tech pic

テックピックはテック系イラストを無料でダウンロードできるサイトです。哺乳瓶などの一般的なイラストもありますが、スマホや最先端家電などのテクノロジーに特化したクリップアートが多数掲載されています。テクノロジー系のブログに使いたい場合はぴったりですね。

ピクトアーツ ビジネスピープル

ピクトアーツ ビジネスピープル

さきほどご紹介したピクトアーツのビジネスに特化した素材集です。

会議の様子やオフィスなどビジネスに関連する素材が掲載されているので、ビジネス関連の素材が欲しい場合は覗いてみましょう。

子供と動物のイラスト屋さん

子供と動物のイラスト屋さん

イラストレーターわたなべふみのさんのウェブサイトです。わたなべさんは子どもや動物が可愛らしいタッチで描かれたイラストが掲載しています。一定の条件下で無料利用できます。

ソコスト

ソコスト

ソコストは商用利用を許可しているフリーのクリップアート素材サイトです。シンプルながらも味のあるイラストがたくさん掲載されており、商用利用もできますので、ぜひ閲覧してみましょう。

ちょうどいいイラスト

ちょうどいいイラスト

サイト名の通りちょうどいいイラストが掲載されています。「デスクワークしている人」や「サウナで整っている人」などちょっとコミカルなクリップアートを無料で利用することができます。

shigureni

shigureni

素朴で可愛い女の子のイラストが多数揃っているのが、shigureniです。「お金をおろしたら全部千円札で出てきた女の子のイラスト」など思わずくすっとしてしまうシュールでかわいい無料素材がたくさん掲載されています。商用利用も可能です。

ビジネス素材 by Runland

ビジネス素材

登録なしで利用できるフリーのクリップアート素材サイトです。ビジネスシーンにあった人物イラストに特化しており、さきほどの『ピクトアーツ ビジネスピープル』と比べてみるのも面白いかもしれません。商用利用も可能です。

素材工場

素材工場

素材工場の特長は一つのモチーフに対して複数のイラストが用意されていること。たとえばハートや虎などのテーマそれぞれにたいして色やタッチの違うバージョンが並んでいます。自分の気持ちにぴったりなイラストが見つかりそうです。

まとめ

無料で使えるクリップアートの素材サイト10選をご紹介いたしました。

サイトによってタッチやニュアンスにバリエーションがあってどれを選んでいいか迷ってしまいますね。

ここでご紹介したものはすべて無料で使用できるものばかりなので、気軽に試して自分にあったクリップアートを探すこともできそうですね。

この記事は役に立ちましたか?