人物像の「特徴」を拡大するカリカチュアとは? 

カリカチュアとは、人物の性格や特徴を際立たせるために誇張を施した人物画のことです。英語では 「caricature」と言います。滑稽、笑いや風刺の効果を狙って描かれるため、しばしば戯画、マンガなどと訳されまた同一視されるようになっています。 

かりかのサンプル

代表的な例と言うと、政治人物を風刺する漫画ではよく見受けられるでしょう。 

要するに、見た目の特徴を際立たせながら人物像を絵にするイラストなどは「かりか」(カリカチュアの略)と呼んでいいです。 

 

AIが作れる一風変わったカリカチュアとは? 

最近ではAIの技術を活用する自動イラスト生成のWebツールがたくさん出てきました。ユーザーが自らの写真をウエブサイトにアップロードした後、数秒の後、AIが写真にある人物像の特徴を捉えて自動でイラスト化された写真を生成できます。カリカチュアのような笑い効果満点の、または芸術感の漂うイラストを簡単に作成できます。 

その基盤にあるのは深層学習やニューラルネットワークを利用しているAIによる「風格遷移」の技術です。異なるスタイルの絵画作品を機械に学習させることによって、指定のスタイルをAIに命じて任意の写真に適用させることができます。 

AIアルゴリズムによるカリカ作成

アーティストが手で描いたかりかのごとく人物像の特徴を正確に掴めますが、イラスト化の重点を「特徴の誇張」に置く代わりに、「風格の適用」を重点にすえています。もちろん、風格自体が誇張のスタイルなら、結果としてはカリカチュアの絵とは同じ感覚のイラストを作成できます。 

では、こうしたWebツールの紹介に入りましょう。 

 

1. Toonify HD 

料金:有料 

日本語:なし 

Toonify

ToonifyはAIのアルゴリズムを活用して顔写真をカートゥーン風の絵に変えられるWebツールです。変換の後の顔写真はディズニーのアニメにあるキャラクターとはそっくりです。明らかなほど顔が長くなり、肌が緻密になり、目が丸くて大きくなりました。顔つきの特徴を大げさにすることからして、カリカチュアの手法とはかなり近いスタイル変換のAIツールです。 

ただの遊びとしてこのツールを完全無料で使用するなら、Toonify Yourselfというサイトに移動する必要があります。作者は同じ人ですが、Toonify HDというサイトのメリットはカリカチュアされたカートゥーン風のイラストをHDの品質で出力できることです。 

 

2. Vance AI 線画抽出 

料金:無料 

日本語:あり 

Vance AI Sketch Converter

Vance AI 線画抽出は写真にある肖像に対して輪郭抽出をして写真 線画化させることができるWebツールです。画像認識のAIでユーザーがアップロードする写真の中にある肖像を認識して、そしてニューラルネットワークなどのAI技術を活用した仕組みでそれを生き生きとした線画まで変換することができます。出力の結果はまるで人が描いた鉛筆線画みたいです。 

二つのモードをユーザーに提供しています。顔だけを線画化させれば、AIは自動で顔部分を拡大して輪郭抽出を行います。写真全体を線画化すれば、周りの環境も顔とともに線画風になります。ですが、写真に肖像が含まれない場合、それを線画にすることができません。 

 

3. AI画伯 

料金:無料 

日本語:あり 

AI gahaku

人物像や風景を古典の油絵と非常に似ている絵まで変えることができます。変換の結果をとある画家が自分の顔を見ながらカストマイズしてくれたものと言っても疑われないくらいです。こういう古典スタイルの出力画像のサイズが十分に大きければ、壁に掲げても違和感がありません。 

自分の肖像を「芸術品」にレベルアップさせるほか、滑稽っぽいカリカチュアの絵画を作ってもいいです。なぜなら、スタイルの欄では、抽象的または誇張化の予備スタイルも並んでいるからです。それらを使うと、カリカチュアのような笑わせてくれる出力結果が意外とすくなくありません。 

 

4. AI Painter    

料金:無料 

日本語:なし 

AI painter

自動で写真と肖像を芸術品ほどのスタイルに変換することができます。およそ20種類の代表的なスタイルを写真に適用させることができます。例えば、有名な「神奈川沖浪裏」の浮世絵のスタイルも応用できます。写真のディテールを保ちながら自然な風格変換を遂げられます。カリカチュアのように顔つきの特徴に対して二次再現というより、写真全体のスタイル変換というのはもっと相応しいです。 

 

5. Picas

料金:無料 

日本語:なし 

Picas

前記の二つのツールとは同じように、写真のスタイルを様々な芸術作品のスタイルにまで作成することができます。およそ80種類のスタイルをユーザーに提供しています。最大のメリットはどのスタイルを写真に適用しても自然な出力結果を出すことができます。 

完全無料で使用できます。Webツールのほか、アンドロイドやアップルのアプリもあるそうです。 

 

6. Deep Dream Generator  

料金:無料 

日本語:なし 

deepdreamgenerator

前のAIを活用したWebツールとは同じように、写真を取り込んで好きなスタイルを選んで変換を開始すればいいです。使い方が簡単なので、詳しくは説明しないようにします。 

 

最後に書きたいこと 

正直に言うと、これらのAIツールの中では、自動で本当の意味合いのカリカチュアを生成してくれるツールはないです。あえて顔面の特徴を誇張させるスタイルを作成するなら、ToonifyとAI画伯における一部のスタイルを選ぶのはおすすめです。 

カリカチュアを自動で作れるWebツールは見つからなかったです。しかし、冒頭で掲げたAIアルゴリズムによって自動で生成されたカリカチュアのように、写真をカリカチュアにするのは技術上で問題なくなりました。 

もしあなたはかりかのAI変換に興味があったら、ぜひお問合せのページを通じてこちら側とご連絡ください。次の製品の開発として決めるかもしれません。 

Vance AI 線画抽出で輪郭抽出をして写真を肖像画に変える方法という記事を読んで、Vance AI 線画抽出で似顔絵を作る方法をご了解ください。

動画圧縮をする便利なツール|Top10という記事をよんで動画圧縮のツールをご了解ください。