高画質で撮り直しができればいいですが、それができない場合も多いと思います。

そんな低画質画像を高画質にする方法があります。

それもPCさえあれば、その性能を気にする必要のないWEBツールで写真の高画質化ができてしまいます。

そんな画像の高画質化を可能にするWEBツールをご紹介します。

画像を高画質化する方法

画像 高画質化

画像を高画質にする方法ですが、低画質の画像は必要な情報が失われている状態なので、通常のプログラム処理では高画質にするのは難しいです。

なので高画質化には主にAIが使われることが多いです。

機械学習したAIが低画質の画像から失われた箇所を人間と同じように想像して補うことで、低画質な写真も高画質化することができるようになるわけです。

それではそういったAIを活用した、PCで使えるWEBツールの中でも人気の5つを紹介いたします。

VanceAI超解像

VanecAI-hp

VanceAI超解像のディープラーニング技術を用いて数秒で高画質化ができるツールです。

アップロードして指示をクリックするだけと操作も非常に簡単です。

料金:無料(トライアル・3ポイント/月)~従量制2780円(600ポイント/3ヶ月)まで

処理速度:高速

最大可能倍率:8倍

バッチ処理:可能(有料プランのみ)

Vance-AI

cutout.pro

cutout-pro-hp

非常に簡単な操作で高画質化が可能なツール。

画像をアップロードすると自動的に高画質化が始まり、すぐに完了します。

料金:無料(1クレジット)~従量制1399ドル(10000クレジット)まで

処理速度:高速

最大可能倍率:2倍

バッチ処理:可能(有料プランのみ)

cutout-pro

AI Image Enlarger

AI-image-enhancer-hp

他と同様、アップロードするだけと簡単に使えるのが魅力のツール。

最初に無料で使える範囲が少し多めなのがメリットになります。

料金:無料(8クレジット)~19ドル(500クレジット/月)まで

処理速度:普通

最大可能倍率:8倍(無料は4倍まで)

バッチ処理:可能(有料プランのみ)

AI image enlarger

Let's Enhance

let'sehance-hp

本格的なエディタで拡大処理が可能なWEBツールです。

拡大倍率にもよりますが、他の加工も同時にできたりする点が強みになります。

料金:無料(5クレジット)~34ドル(500クレジット/月)まで

処理速度:普通

最大可能倍率:16倍(無料は4倍まで)

バッチ処理:可能(有料プランのみ)

let's' enhance

Waifu2x

Waifu2x-hp

日本人が開発しているのでネイティブに日本語対応しているのが便利なツールです。

当初アニメに特化して開発された高解像度化ツールですが、写真にも対応していて、そちらも綺麗に拡大可能です。

料金:無料

処理速度:普通

最大可能倍率:2倍

バッチ処理:不可

Waifu2x-enlarge

まとめ

このようにPCで使える画像高画質化のためWEBツールは様々なものがあります。

料金やその他機能を比較して、ご自身に合ったものをお使いになってみてください。

この記事は役に立ちましたか?