「画質が悪くて、画面上の文字がぼやけて読めない・・」

「画像上の文字をデータ化して保存したい!」

今回は、そんな悩みをお持ちの方向けに便利ツールをご紹介。

文字がぼやけて見づらい時は、画質を良くすることで文字が鮮明になることがあります。この記事では、さまざまな画像加工機能を提供するVanceAIの機能の中から特に使い勝手の良い画像を高画質化するサイト(アプリ)を3つご紹介します!

また、画像上の文字をデータ化したい人向けに、Googleドキュメントを使った自動文字起こし(テキスト化)方法も簡単に解説していきます。

画像データからテキストデータにしておくことで、他人との共有や、テキストの検索も楽になります。

画質を改善するツール① VanceAI アーティファクト除去

ぼやけた文字 解読 アプリ

まず紹介するのは、JPEGを圧縮することにより発生したノイズを100%除去する機能VanceAIアーティファクト除去。圧縮されたJPEGは、複数回ダウンロードすることでさらに画質が落ちてしまいます。このツールを使えば、AIの機械学習アルゴリズムによって一瞬でノイズ除去が可能。

画質を改善したい画像がJPEGなら、まずはこちらから試してみましょう。

画質を改善するツール② VanceAI 画像鮮明化

ぼやけた文字 解読 アプリ

次に紹介知るのは、ピンボケを劇的に改善し、くっきり鮮明な画像にする機能。

AIを使ったピンボケアルゴリズムにより、ぼやけた写真をあっという間に鮮明化します。

くっきりさせたい画像がピンボケによってぼやけているようなら、こちらの機能を試してみましょう。特に暗い空間で撮影した画像や、動く被写体を撮影した画像には試してみる価値があります。

画質を改善するツール③ VanceAI 画像拡大

ぼやけた文字 解読 アプリ

最後はAIアルゴリズムで画像を高画質化する機能、VanceAI画像拡大。

ピクセルをアルゴリズムで補充することで、くっきりと鮮明な画像になります。8倍まで小さな画像を拡大することができます。

上記2つの機能を試してもイマイチだった場合は、こちらも併せて試してみましょう。ぼやけた文字が鮮明になるはずです。

鮮明化した画像をGoogleドキュメントでテキスト化(文字起こし/OCR)する方法

ぼやけた文字 解読 アプリ

VanceAIを使って画像を鮮明化して文字が読めるようになった場合、特に文字が多い場合はデータ化しておくと便利です。

ここでは、Googleの機能を使って画像の文字をテキスト化する方法をお伝えします。Googleのアカウントをお持ちでない方は、まずはアカウント作成をしてから試してくださいね。

STEP 1 : Googleドライブにアクセス

まずはGoogleドライブを開きましょう。

STEP 2 :画像をドラッグ&ドロップ

Googleドライブ上に、文字起こしをしたい画像をドラッグ&ドロップしてアップロードします。

STEP 3 :画像をGoogle ドキュメントで開く

ぼやけた文字 解読 アプリ

画像のアップロードができたら、ファイルをGoogleドキュメントで開きます。

画像を右クリック>「アプリで開く」> 「Googleドキュメント」を選択します。

Googleドキュメントで開くと、自動的に画像内のテキストが文字起こしされ、上部に画像・下部に文字が表示されます。

完璧に正確な内容にならないこともあるので、内容を確認して必要に応じて修正しましょう。フォントや文字の大きさももちろん変えられるので、自分の見やすい状態に編集して保存できます。

まとめ

画像上の文字がぼやけているとき、画像を鮮明にすることで文字を解読する方法をお伝えしました。AI搭載のVanceAI画質向上ツールを使うことで、ストレスフリーに解読をすることができます。

また、Googleの機能を使えば画像上のテキストの文字起こしもラクラク。テキスト化することで、保存や共有が楽になります。

合わせて読む:初心者向けのピンボケ写真修正ツールVanceAI 画像鮮明化

この記事は役に立ちましたか?