仕事などだと特に、改めてテキストデータにしなければいけないというのは少なくないシチュエーションかと思います。

例えばそれがごく少量であれば、パソコンで打ち直せば良いのですが、長文だったり大量にあったりすると非常に大変です。

特に一度印字されていたりするものだけに、打ち直しではなくどうにかならないかと思ってしまうものです。

そこで、今は写真から文字を読み取るOCRという技術がきちんと存在しており、

それも非常に実用的なレベルになっています。

そのような画像からテキストを抽出する方法には、サイトを使う方法など様々なものが展開されています。

多少ぼやけた文字であっても解読できるアプリもあるほどです。

そこでそんな写真から文字の読み取りができる方法や、そのために活用できるアプリなどを紹介したいと思います。 

Googleドキュメントでの OCRの使い方

OCRの中でも特に有名で性能がよく、無料でも使えるGoogleドキュメントがあります。

そのためまずGoogleドキュメントで画像からテキストを読み取る方法について解説したいと思います。

1.Googleドライブに画像をアップロード

google ocr upload

まずGoogleドライブに文字を読み取りたい画像をアップロードします。

アップロード自体はスマホアプリからでも、PC上からでも構いません。

アップロードしたファイルをGoogleドキュメントで開く

google drive open with

アップロードが完了しましたら、アップロードしたファイルの上で右クリックしてください。

そうするとメニューが表示されるので、その中から「アプリで開く」→「Googleドキュメント」の順に選択していき、クリック。

OCRの結果が表示される

画像 テキスト 出力

ファイルがGoogleドキュメントで開くと、自動でOCRされます。

画面にはアップロードした画像とそれを読み取ったテキストが同時に表示される形で開きます。

ただ完璧に読み取れていないこともあるので、適宜文章を修正して必要なところにコピーして使います。

画像に薄く写ったぼやけた文字を解読できるアプリ

OCRを行う際、手元にある画像が写りが悪いぼやけたものしかないということもあるかと思います。

そのような場合には可能な限り

IMGonline

写真 文字 読み取り imgonline

アップロードすることで画像を補正できるサイトですが、こちらは文字認識のために特化されています。

歪んでいる画像を修正したり、一部に暗い影があったり全体的にグレーとなっっている写真でも下地を白に変換して処理できます。

また写真の有無で補正度合いを変えられたり、画像にシャープネスをかける機能もあるため、ぼやけた画像も非常にOCRで解読しやすいレベルまで改善できます。

サイト自体は英語かウクライナ語でしか表示できませんが、GoogleChromeの翻訳機能などを使えば問題なく使用できます。

VanceAI 画像鮮明化

VanceAI ぼやけた文字 解読

単なるアルゴリズムではなく、深層学習をしたAIによってテキスト画像のノイズ除去が可能なサイトです。

人間と同じように「これがきれいな状態ならこうなるであろう」予想を立てて修復するため、自動処理では不可能なレベルまでぼやけたテキストノイズを除去し画像をシャープに仕上げることが可能です。

これによってノイズだらけで判別しづらい書類の画像も、問題なく判別できるものにできます。

AI.IMAGE ENLARGER

写真 文字 読み取り imglarger-hp

こちらもVanceAI同様にAIによってノイズ除去が可能なサービスです。

シンプルな仕組みで画像をアップロードするだけで、ノイズ除去が可能なものになっています。

またこちらは編集機能を使えば、簡単な各種補正も行える点がポイントになっています。

まとめ

このようにGoogleドキュメントを活用すると簡単に写真から文字情報を抽出することが可能です。

画像が判別しづらい場合でも、紹介したアプリを使うことで十分に判別可能なものにすることができますので、ぜひ活用してみてください。

この記事は役に立ちましたか?