その場で気付いたり、後日取り直せれば良いですが、その場では気づかずに取り直さなかったり、旅行や記念日などだと再度撮影するわけにもいきません。

そういった場合にはブレたりボケた写真を綺麗に修正する必要があります。

そこでAIを活用したVanceAIを使えば、たとえボケた顔写真であっても、機械学習によって学んだ情報を使い、手作業で描き直すような形で綺麗にすることができます。

そんなAIを使った画像修正ですが、それぞれの問題ごとに違ったアプローチの仕方が可能です。

そこでそんなピンボケ補正できるAI機能をいくつか紹介したいと思います。

VanceAI 画像鮮明化

ピンボケ 補正

ピンボケの補正に特化したAIのアルゴリズムによってぼやけた画像を数ステップの作業で簡単に修正できます。

画像鮮明化

少しぼやけた画像に最適な画像鮮明化やピンボケ修正だけではなく手ぶれや被写体ブレであるモーションブラーにも対応し、ディープラーニングで学んだAIがあらゆるボケ・ブレ写真を綺麗にしてくれます。

VanceAI 画像拡大

ピンボケ 補正

画質を低下させることなく、画像を8倍まで拡大できるAIアルゴリズムを利用できます。

こちらも作業自体は非常に簡単、ワンクリックで可能です。

画像拡大

単にシャープネスをかけるのではなく足りない画像を補うことで拡大し高画質化します。

そのため画素が足らずにぼやけてしまった画像などをこちらで鮮明にすることも可能です。

VanceAI 顔写真レタッチ

ピンボケ 補正

AIによって、ワンクリックでポートレート写真を綺麗にしてくれます。

顔写真レタッチ

手作業で行うのではなくAIが自動で最適な美しさに補正してくれるので非常に簡単に顔写真が綺麗になります。

処理の過程で肌表面やフェイスラインなども高画質化して綺麗に補正するので、ポートレートがぼやけてしまっているならこちらで補正することも可能です。

まとめ

このようにVanceAIでは様々なAIのアルゴリズムがあり、それによって各種のボケやブレが生じた写真に対応し、それぞれ綺麗に加工することが可能となっています。

ご自身が修正したい写真の状態によって、最適なものをチョイスしてみてください。

この記事は役に立ちましたか?