就活のウェブエントリーで必要になる証明写真。

最新の注意を払っていても、つい「写真のサイズを間違って撮ってしまった!」なんていうことは意外とよくある話です。

今回は、証明写真データのサイズを変える方法から、画質の悪い写真を改善する方法、そしてデータサイズ(容量)を圧縮する方法など、証明写真にまつわる悩みを一気に解決していきます!

Webエントリー用の証明写真サイズは?

まずは就活におけるWebエントリー用証明写真のサイズをおさらい。

一般的には、以下2種類のどちらかです。(タテとヨコの比率が4:3。)

・縦560×横420ピクセル

・縦600×横450ピクセル

もちろん全ての企業が同じルールというわけではないので、基本的にはアップロード前にルールを改めて確認しておきましょう。

Webエントリー用の証明写真に問題が!こんな時どうする?

証明写真に問題発生!でも大丈夫。

ウェブツールを使った、簡単な解決方法をご紹介します。

証明写真のサイズが合わないとき

証明写真 サイズ

サイズが合わないときは、WindowsOSに搭載されている「ペイント」や、「VanceAI トリミング」などのWebツールの利用がオススメ。

<「ペイント」を使ったサイズ変更>

ホーム>イメージ>サイズ変更で、指定のピクセル、または倍率を指定してサイズ変更。

<「VanceAIトリミング」を使ったサイズ変更>

トップページに画像をドラッグ&ドロップでアップロード。指定のサイズ率を入力し、ダウンロードして完了。

証明写真データの画質が悪いとき

履歴書上の第一印象を決める証明写真。できるだけ画質良く、良い印象を残したいですよね。

画質向上オススメのツールは「VanceAI 画像拡大」。登録不要で、サクッと数秒で作業が完了します。

証明写真 画質悪い

<VanceAI画像拡大の使い方>

  1. 写真をVanceAI 画像拡大トップページにアップロード(ドラッグ&ドロップでOK)
  2. ワークスペース右側で倍率を設定(2・4・8倍)

証明写真 データ サイズ

  1. ダウンロードボタンをクリックしてダウンロード

証明写真のデータ容量が大きすぎるとき

データ容量が大きいと、サイズ上限に引っかかってアップロードできないケースも。こんな時はファイルの圧縮が必要です。VanceAI 画像圧縮でサイズを小さくすることで対処可能です。

画質を最大限に保ちながらもサイズを約80%圧縮。対応形式はPNGとJPEGです。

就活 写真 データ

<Vance AI画像圧縮の使い方>

  1. 写真をVanceAI 画像圧縮トップページにアップロード(ドラッグ&ドロップでOK)
  2. 自動で作業開始
  3. ダウンロードボタンをクリックしてダウンロード

まとめ

就活ではどのステップでも妥協したくないですよね。証明写真も、VanceAI編集ツールを使いこなして最高の出来栄えの写真を使いましょう!

この記事は役に立ちましたか?