まともな漫画創作の流れと言えば、台本と原稿の用意、絵コンテの作成、コマ割りと漫画吹き出しの追加などたくさんの段階があり、作業が複雑です。漫画を描くことに対して情熱を持っている初心者にとっては、一応の品質が備わった作品を出そうとしても、いろいろ勉強しないと難航にぶつかりやすいでしょう。

この記事では創作の作業について深掘りするつもりはなくて、アマチュアがいかにより簡単で気軽にマンガ作りを楽しめることを巡り、AIによる自動化のマンガ作成ツールを紹介したいです。

漫画を描く

初心者にとってのマンガ創作の難点

第一歩、マンガコマッタラーで漫画 コマ割りをする

第二歩、自動で絵画を作るツールでキャラやシーンの絵を作る

まとめ

初心者にとってのマンガ創作の難点

絵を描くことが苦手な人にとっては、漫画を描くときに最初に来る問題は原稿をどうやって作ることです。また、台本を用意したが漫画 コマ割りを作ったり吹き出しを入れたりする方法が知らないのも問題です。
二つ目の問題は「マンガコマッタラー」というAIマンガ制作のサイトでやってみましょう。コマ割り 自動でしてくれます。

一つ目は問題も同じような発想で、絵を自動で描いてくれるAIツールを利用してみたほうがおすすめです。後でいくつかのツールを紹介します。

自動で絵を描いてくれるツールがあるとはいえ、やはり自分の手で表現力のある絵を描かないと顔漫画になりやすいと思います。AIのクリエイティブツールで体の姿勢をそこまで上手く表現できないことに気づいたからです。でも、漫画を描く簡単なやり方から試みるのも悪くはないです。

第一歩、マンガコマッタラーで漫画 コマ割りをする

マンガコマッタラー」とは

漫画コマッタラー

コミックメーカーとしてマンガコマッタラーというサイトの強みは、脚本を入力するだけで、漫画 コマ割り 自動でしてくれることです。人物の位置と漫画 吹き出しのボックスもちゃんと入っていて、コマによってそれぞれ異なります。なんかAIが台本の内容を解析して漫画を描くのに適切な配置をするようです。

Step1:脚本を入れてマンガを編集

ホームページにアクセスして「マンガコマッタラー生成」をクリックします。

生成

そして左側で台本をいれます。生成ボタンをクリックしてから、右側にある「マンガを編集する」をクリックしてコマの編集ページに行きます。 

台本を入れる

 

生成ボタン

Step2:コマ割り、吹き出し、テキストなどを調整

このコミックメーカーの編集ページでは、コマ、漫画 吹き出しおよびテキストの大きさ、数、様式を調整したり、画像をアップロードしたりすることができます。非常に便利です。

編集設定変更

とくに面白い機能は「アタリの設定」で顔の向き具合を調整することです。でも、デフォルトの人物にしか効かないようで、残念です。

画像をアップロードするなら、直接的にデバイスにある画像をコマ割りにドロップすればいいです。

画像をアップロード

このツールでマンガ コマ割りと骨作りを便利に完成できます。ちょっと開発者に改善してほしいところはコマが多い時、コマ割りの設定は畳めないので、プレビューのセクションと遠くなってしまうことです。とにかく、漫画を描くことにとても役立つWebツールです。

第二歩、自動で絵画を作るツールでキャラやシーンの絵を作る

前で言ったように、パソコンからコマ割りに画像をこのコミックメーカーにドロップすれば、ユーザーが簡単に自分の作った絵を漫画 コマ割りに適用できます。アップロードの画像が自動で漫画 吹き出しの後ろで表示されるようになります。どんどん自分の絵でお作りの漫画のシーンと人物を充実させましょう。

もちろん、リアルな写真をそのままでコマ割りに適用することもいいですが、漫画を描くときにイラストを通じてより多くの美術の感じをもたらすために、写真を自動で線画やアニメのスタイルに変換するAIツールをいくつか紹介します。

仕草のもっと豊富な人物写真をイラストに変換するなら、動きに表現力があるキャラを作り出せるかもしれません。色々の写真で試しましょう。

1.Vance AI 線画抽出

線画変換

線画のスタイルは鉛筆による漫画原稿に一番近いスタイルだと思います。Vance AI Sketch Converterを使えば、ワンクリックで写真を線画に変換することができます。とくに顔写真に対して変換すると効果がいいです。二つのモードがあります。一つは写真にある顔部分だけを線画にするモードです。もう一つは写真全体を線画にするモードです。

2.Vance AI Toongineer Cartoonizer

カートゥーン化

Vance AI Toongineer CartoonizerはニューラルネットワークのAI技術を使用して自動で写真をカートゥーン、アメコミのようなスタイルのイラストに変換することができます。カラフルな漫画を描くのなら、このAIツールでコマのイラスト化の背景とか、アメコミのキャラとかを作成するのはおすすめです。

3.ピツメーカー

ピツメーカー

スマホアプリですが、オリジナルな可愛いキャラを簡単に作れます。手動でキャラを作る時、アプリが提供するたくさんのパーツを利用できます。個性的な萌えるキャラを作れるアプリですから、強烈にすすめます。このアプリの中でも漫画のコマ割りみたいにキャラ画像を組み合わせる機能があります。このアプリでキャラを作って漫画を描く際に適用しましょう。

4. Vance AI 背景透過

背景透過

前にすすめたAIによる自動化ツールで写真にある人物だけを漫画キャラのイラストとして作成するなら、まずは人物を写真から抜き出す必要があります。これをするにあたり、Vance AI Background Removerはおすすめです。AIが自動で写真にある人物を認識して抜き出すことができます。

このWebツールを使用する際、最もよい切り抜きの効果を達成するために、なるべく人物の色が背景色と似た写真を使用することを避けたほうがいいです。

まとめ

コマ割り 自動でするツールとイラストを自動で作れるツールなど上記のツールがあれば、自分の漫画を描く条件が揃うことになります。下は上記のツールだけで作ってみた「マンガ」です。顔漫画やコラ画像にすぎないとツッコミを入れたい人がいるかもしれませんが、一応マンガだと思います。あなたのヒントになっていただければと思います。

もちろん、他のツールで見栄えのもっといい絵を作ってもいいです。自由に試しましょう。

おすすめ記事:三つのコツで自宅での商品撮影をレベルアップさせる