でもせっかくおしゃれな夜景を撮影したのに、細かいノイズが気になることはないでしょうか?

それは夜景撮影だとISO感度というのものを高める事が原因です。

これを高めてしまうとノイズが発生しやすくなってしまうのです。

ではなぜISO感度を高めるとノイズが発生するのか、またそのノイズを低減するための方法について紹介したいと思います。

夜景 撮影 高感度ノイズ除去

ノイズとは

それではまずノイズというものがどのようなものか解説します。

高感度ノイズ

夜景 撮影

近年のデジタルカメラで発生するのは基本的にはこの「高感度ノイズ」というものになります。

カメラでISO感度を高めに設定すると、暗いところでも明るく撮れるのですが、これは何をしているかといえばカメラのセンサーが受け取る光の情報をどれだけ増幅するかを上げ下げしているんです。

そのためISO感度を高くすれば光の情報は増幅され、より明るく撮影できますが、受け取っている光の情報を無理やり増幅しているので本来は無い光の情報も記録されてしまいます。これがノイズとして現れるということです。

カラーノイズ

夜景撮影

上記の高感度ノイズのうち、本来写っていない色(擬色といいます)がノイズに現れているものを指します。

夜景などの光源が沢山ある暗所での撮影で、赤や青、緑の細かな点が画像に現れてしまっていることが多いです。

輝度ノイズ

夜景 レタッチ

上記のカラーノイズのような色が付かず、表面がザラザラしてしまっているものを輝度ノイズと呼びます。

より薄暗いところで撮影した画像などだと目にする機会が多いかと思います。

VanceAIでノイズを軽減する方法

ノイズの発生方法はわかったと思いますが、同時に発生させないようにするのも難しいのはお分かりいただけたかと思います。

でもVanceAIなら機械学習したAIがノイズを認識して、ノイズだけ綺麗に取り除くことが可能です。

しかも操作方法もたったの2ステップで簡単。その方法をご紹介致します。

STEP1、アップロード

高感度 ノイズ

VanceAI ノイズ除去の画面を開き「アップロード」ボタンをクリックします。

そうするとワークスペース画面に移動するので、ドラッグ・アンド・ドロップか「アップロード」の文字クリックでファイルを選択するかのいずれかでノイズを除去したい画像をアップロードします。

STEP2、自動処理

夜 写真

ワークスペースの右側メニューで「AI ノイズ除去」が選択されていることを確認したら「処理を開始」ボタンをクリックします。

処理が完了すると変換結果の画像が表示されますので「ダウンロード」のボタンをクリックしてダウンロードを行ってください。

まとめ

このように、夜景を撮影するならある程度避けられないノイズですが、AIを活用すれば綺麗な除去が可能になります。

ノイズが気になっているお気に入りの夜景写真があれば、是非VanceAI ノイズ除去で、ノイズのない綺麗な夜景写真に仕上げてみてください。