古い写真は過去の記録として、その時の人物や社会のありさまを語っています。それを所有している人にとっては特別な意味があるでしょう。

しかし、撮影技術に限られたり、長い時間の貯蔵による物理的な損傷を受けたりすることで、はっきりと見えなくなりやすいです。それを長持ちさせるなら、デジタルの手段で古い写真を復元する必要があります。

今回は実際の例を踏まえつつ、PhotoshopおよびVance AI 画像拡大Vance AI 白黒写真カラー化などの自動化ツールで古い写真 復元して甦らせる方法を詳しく解説いたします。

古い写真の事例

古い写真加工にあたって抑えるポイント

  • 1.汚れ、折り目などの欠陥を取り除く
  • 2.写真の解像度を引き上げ、ディテールを改善する
  • 3.モノクロやセピア調の写真を色付ける

今回の事例はこれです。

古い写真

本記事で記述されているワークフローを経た結果はこれです。(古い写真 修復のステップにかける手間次第、さらにきれいにすることもできます。)

sharpen-colorize-enlarge-4x-復元の後

第一歩、Photoshopで古い写真 加工をして修復する

長い時間を経た古い写真は汚れや折り目がつきやすいほか、データ化のためにスキャナーにスキャンされると、光の明暗の痕跡も写真に残しやすいです。

これらの手ごわい欠陥のせいで古い写真 修復を自動でしてくれるツールはまだないです。きれいに古い写真 復元するために、Photoshopの使用は回避できないと思いますが、そこまで複雑でもありません。詳しい手順を見ていきましょう。

古い写真 加工に主に使うツールは4つあります。概ねの原理をそれぞれ了解しましょう。

修復ブラシツール

修復ブラシツールで画像にあるサイズの小さい汚れなど不要な部分をクリックしてドラグすれば、Psは自動で周りにある内容でそこを覆うようになります。古い写真 修復のために常に使われるツールです。

注意事項:ブラシの直径を汚れのサイズ相当にしましょう。適用時はマウスの大幅な移動を避けたほうがいいです。

バッチツール

パッチツールは名前とおりに、他の領域の内容や肌理を借りることで指定の領域を入れ替えるツールです。ツールを起動した後、遮ろうとする領域を囲みます。そして囲まれた「パッチ」型のパーツを借りたい領域までドラグします。これで完了です。

注意事項:借りられる領域は入れ替えようとする領域に自然に馴染むので、折には入れ替えようとする領域の色調を満足の程度で無くせない状況もあります。

コピースタンプツール

コピースタンプツールはPhotoshopの最もクラシックなツールです。使う前に、その動作の論理をちゃんと理解する必要があります。

使い方は簡単に言いますと、Altキーを押しながらクリックすることで複製する内容を確認、そしてAltキーを放ってクリックやドラッグして内容のコピーを実行するということです。

注意事項:ドラッグの形で内容をコピーする時、最初にマウスで指定した内容を繰り返すことではありません。それはあくまでも出発点で、ドラッグによる軌跡はそれを通る平行線のコピーとして理解しましょう。

指先ツール

最後は指先ツールです。名前通りに、手で絵を描く時、指先で染料を広めるような機能です。ツールを付けた後、画像の一部を均一に周りに広めることができます。背景など変化の少ない領域で応用するのは効果がいいです。

注意事項:広がる色や肌理は最初にクリックした所によって決定されます。

では早速、古い写真 復元の実践段階に行きましょう。

Step1:画像を取り込む

画像を取り込んだ後、まずは破れた所にある白い筋を消します。背景部分と髪部分の修復はそれぞれ残りの背景と髪部分の内容を借りて修復しましょう。

おすすめのツールはコピースタンプツールです。髪の肌理をマネするのにとても役立ちます。

コピースタンプツール場所

ツールをつけた後、まずは直径を適切に調整します。ショートカットキーは「【」と「】」です。

Altを押して問題のない髪部分を指定しましょう。破損した筋の近くにある髪部分を指定することで、より自然な遷移を施すことができます。そしてAltを放ち、水平の方向で少しずつ白い筋の上でドラッグします。

長いドラッグはお避け下さい。筋の太さをカバーできる短いドラッグを重ねばいいです。

髪部分の筋を消す

背景にある白い筋もこの方法で処理しましょう。髪部分の肌理ほどのデリカシーがないので、処理がもっと楽です。

背景にある筋

Step2:顔にある折り目や脱落の所を復元する

この画像にある折り目と脱落は光の強い領域に集中しているのは、割合に扱いやすいです。おすすめのツールは修復ブラシツールです。

修復ブラシツール場所

修復ブラシツールを起動してから、ショートカットキーの「【」と「】」でブラシの直径を折り目の太さくらいに調整しましょう。

そして折り目の上でクリックを重ね、具合を確認しながら、折り目を消します。

左目の隅にある脱落はパッチツールで修復しましょう。

バッチツール場所

パッチツールを付けた後、脱落の所を囲みます。そして、内容を借りたい領域にパッチを移動すれば、修復が終わります。

バッチツール応用

Step3:背景と服にある破れを取り除く

指先ツール場所

この二つの部分は顔部分のようにディテールが豊富なわけではないから、扱うのは速いです。背景なら、指先ツールで背景の色を均一にすればいいです。

服の所は修復ブラシツールやパッチツールのどっちでも対処してもいいです。

自分で修復してみたものはこれです。まだ工夫すべきところは多いですが、上記のツールを使えば十分です。

第二歩、Vance AIで写真の解像度とディテールを改善する

色を付けて古い写真 復元を成し遂げる前に、画像のディテールを改善しましょう。これは着彩の効果にはプラスです。

御覧のとおり、欠陥を取り除いたが、古い写真は元々画質があんまり良くないです。解像度が明らかに低いです。AIで画像の画質を上げるVance AI 画像拡大使えば、自動で最適にピクセルを増やせるから、画質を簡単に改善できます。古い写真 加工においてのおすすめのツールです。

AI画像拡大アップロード

Vance AI 画像拡大の製品ページを開いて「アップロード」ボタンをクリックして古い写真 修復されたものをアップロードします。小さいウィンドウで「続行」のボタンをクリックします。

アップロードウィンド

処理を開始する前の設定ページで拡大の倍数を選びましょう。「ノイズ除去」と「ぼかし抑制」のスイッチも入れたほうがおすすめです。画質の改善には役立ちます。

画像拡大の設定ページ

そして、拡大された古い写真を出力してダウンロードします。ここで登録操作が必要です。グーガルアカウントを使うのはより便利でおすすめです。

登録してから画像拡大の処理をしたほうは、もっと簡単にオンラインで拡大前後の様子を検証することができるので、最初からアカウント登録を行うのはおすすめです。

第三歩、色を付けて古い写真 加工を完成

最後は着色の段階です。Vance AI 白黒カラー化は自動でモノクロ写真やセピア調の写真をカラー化にして生き生きとした画像を自動で作成できます。

Vance-AI自動着色

最も良い効果をもらうために、ProプランにアップグレードしてアドバンスのAIモードを利用するのはおすすめです。設定のページで「より高い品質」を選びましょう。

高品質

使い方と注意事項はVance AI 画像拡大ご参照になればいいです。

終わりにVance AI 画像鮮明化で写真を鮮明化にしてさらに仕上げてもいいです。Vance AI 画像鮮明化は画像にあるぼかしをスマートに除去して繊細なディテールを復元することができます。

下の画像で示しているように、目玉の部分は明らかに改善されました。

AIシャープ化

まとめ

古い写真 復元の流れにおいて重点はやはり古い写真 修復です。今回の例に挙げたの古い写真はそれほど損傷を受けていなかったです。

実際の場合では、片目が取れてしまい、顔のほとんど見えなくしまうようなものもよく見当たります。それらの古い写真 加工できないわけでもないですが、上達なPhotoshopの運用は必要でしょう。

修復段階を過ぎると、Vance AI 画像拡大Vance AI 白黒写真カラー化でより簡単かつ効果的に写真の見栄えをより良くすることができます。

Vance AI 白黒カラー化を使って写真を色付ける方法という記事を読んでAI自動着彩の方法を詳しくご了解ください。