画像をアップスケーリングする仕組みとは

画像をアップスケーリングするには大まかにレタッチソフトを使って人の手でやる方法、自動アップスケーリングソフトを使う方法、AIアップスケーリングソフトを使う方法の3つがあります。

いずれにしても行うのは、画像の足りない部分を補う作業になります。
プロレタッチャーの処理が最も自然に仕上げるが、人の手で一箇所一箇所を加工するのが手間がかかりすぎるのです。
そんなとき、機械学習によってAIが「このような箇所は拡大するとこう見えている」ということを学ぶので、人間から見て自然な見え方を再現できます。
そこで、画像を高画質化したければAIでの処理が必須ということになります。そこで実際に使えて人気もあるAIアップスケーリングサービスを3つ紹介したいと思います。

人気のAIアップスケーリングサービス3選

上記の理由から画像を高画質化したければAIでの処理が必須ということになります。
そこで実際に使えて人気もあるAIアップスケーリングサービスを3つ紹介したいと思います。

VANCE AI 画像拡大

VanceAI 画像拡大

料金:無料〜2180円/月 まで ※従量課金もあり
使い方:ブラウザ上の画面に画像をドラッグアンドドロップでアップロード
メリット:クラウドで処理するのでPCの能力が不要。拡大処理の精度が高い。柔軟な支払い方法が選べる
デメリット:無料だと2倍までしかアップスケーリングできない

Gigapixel AI

gigapixel

料金:99ドル(買い切り ※トライアルあり)
使い方:ソフトをインストールしログイン、ソフト上で画像を選択して編集
メリット:アプリケーションタイプなのでより細かい項目を設定可能。買い切りで追加費用が不要
デメリット:使用するPCの能力をある程度必要とする。インターフェイスが英語のみ。たまにしか使わないのであれば割高になる

kakudaiAC

kakudaiAC HP

料金:無料(1日5枚まで)〜1277円/月(使い放題)
使い方:ブラウザ上の画面に画像をドラッグアンドドロップでアップロード
メリット:1日5枚以下なら会員登録だけで無料で使える。16倍まで拡大可能
デメリット:潰れた細部の処理が他のAI拡大サービスより不自然になりやすい

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このようにAIによるアップスケーリングソフトで小さい画像でも大きく綺麗にすることができ、一部無料で使うことも可能です。
各サービスのメリット・デメリットを比較して、ご自身の使い方に合ったものを選んでみてください。