AIで写真スケッチ変換をするメリット

line-art

一般のスケッチ変換のツールは写真にある全部のディテールを保留するのが普通です。一方、ユーザーは写真や画像にある主要な被写体の輪郭のみを手書き風の絵に変換したがっているので。つまり、メイン特徴しか残さない絵が欲しいわけです。

これすれば、メイン被写体の輪郭線などの特徴に集中できるので、出来上がりの手書きの絵がよりきれいになれます。つまり、ユーザーが欲しいのは特徴をより良く抽象させる写真 スケッチ変換のツールです。それに対して、一般のライン抽出のツールは元の画像にある重要でない部分をスマートに省略させることができないのは普通です。

Part1:AI写真 スケッチ化のツール

1. Vance AI 線画変換

対応画像:肖像、一般被写体

Vance-AI-線画変換

Vance AI 線画変換はニューラルネットワークの人工知能の技術を活用することで、入力画像にある被写体の特徴を高いレベルで抽象化させてから、ライン抽出をして手書き風のスケッチまで変換することができます。

二つのAIモードをユーザーに提供しています。一つは写真にある顔部分だけに対してライン抽出をするモードです。もう一つは写真全体に対してライン抽出をするモードです。ユーザーが自由に二つのモードの間で切り替えることができます。

2. PicsArt写真スケッチ変換

対応画像:肖像、一般被写体

PicsArtスケッチ変換

PicsArtは使いやすいオンライン画像編集ツールとアプリをユーザーに提供しています。内蔵の写真スケッチ変換のAIツールを使うことで、ユーザーは写真をきれいな手書きスタイルの絵にワンクリックで変換することができます。

変換後の手書きスタイルのスケッチを単独で表示するほか、入力画像に上に置いてきれいなアートとして作成することもできます。

3. AI Draw  

対応画像:人物像、風景などの一般の被写体

AI-draw

完全無料で利用できるAI手書き変換のツールです。画像をアップロードすると、スケッチ変換が自動で始まります。編集のプロセス全体がアニメーションの形でユーザーにみせることができるので、中々面白いです。

一方、問題も明らかです。スケッチ変換の画像は要らないディテールに満ちているので、乱雑感がとても目立つのです。また、主な内容は特徴をきれいに掴められないという問題も著しいです。そのため、実用性より娯楽っぽいWebツールです。

4. Line Drawer

対応画像:風景、背景を主な内容とする写真です。

Line-drawer.

cre8tiveaiというAI画像加工のブランドが提供しているライン抽出のツールです。風景や建物のなどの被写体に対して良い手描き絵の変換効果を実現できるツールだそうです。漫画作成の効率に後押しすると、当サイトが着目しています。

当サイトに掲載されているデモスケッチの様子を見ると、やはりディテールが豊富な画像に対しては、きれいに不要なディテールをうまく削除できない感覚です。

5. ArtLine

対応画像:人物像、景色などの一般写真

art-line

ArtLineがvijishmadhavanという作者が自作した写真スケッチ変換のAIプロジェクトです。そのソースコードがGitHubで公開されています。見て分かるほどのWebツールやアプリをユーザーに提供していませんが、Google Colabを通じてユーザーが手書き絵の変換機能を自由に試すことができます。作者が掲載しているデモ画像から見ると、手描き絵の変換効果が結構良さそうです。とりわけ人物写真に対してです。

Part2:AIを運用しない写真 スケッチ化のツール

1. Vector Magic

対応画像:各種の画像

Vector-Magic

VectormagicはAIのアルゴリズムの代わりに、ベクター化のアルゴリズムに基づいたWebツールです。一般のビットマップ画像をベクター画像に変換するというサービスを提供しています。

この画像ベクター化のツールをうまく利用すれば、写真を手書き風の内容に変換するツールとして効果よく利用するのも可能です。肝心な手順はベクター化をした画像の元々の色を取り除くことです。画像をアップロードしてから、ベクター化が始まります。そして、編集ページで、変換後の画像の色を黒と白に設定しましょう。

2. Free Picture Stencil Maker

対応写真:各種類の画像

Stencil-Maker

Free Picture Stencil MakerはAIの仕組みを運用していないですが、完全無料のWebツールとして、かなり高い完成度で写真をスケッチまで変換することができます。しかもぜんぜん使いやすいです。

四つの手描き絵の変換モードをユーザーに提供しています。写真の特徴に応じて柔軟に切り替えることができます。また、「ダーク���と「シャープ」という二つのスライダーでディテール抽出の度合いを細かく調整することもできます。

3. 輪郭抽出画像メーカー

対応写真:各種類の画像

輪郭抽出画像メーカー

無料で画像を手描き絵に変えることができるWebツールです。最小値と最大値という二つのスライダーでディテール保持のレベルを細かくコントロールすることができます。構図が複雑でない写真なら、スケッチ変換の効果が悪くないようですが、複雑な写真ならやはり結果がイマイチです。

まとめ

上記のすべてのツールはワンクリックでお持ちの写真や画像をスケッチまで変換することができますが、やはり完璧に画像を手書き風の絵に変換できないと個人的には思います。より完成度の高い手描き絵の変換なら、機能が豊富な画像編集で念入りに加工するのは必要でしょう。

Vance AI 線画変換は肖像と一般の被写体の両方とも対応できる手描き絵の変換ツールとして、ほかのツールより高い完成度でスケッチ変換をすることができます。ぜひお試しください。

MomentCamで似顔絵を作る方法という記事を読んで、Momentで写真を手描き風の絵画に作る方法を見ましょう。