SNSのプロフィール画像に使うなど、最近ではさまざまな場所で見られます。

今回は、「線画ってそもそもなんなの?」という疑問から、オススメの線画素材サイトや、自分で画像を線画化することで線画自作ツールまで、まとめて紹介していきます!

そもそも線画とは?

線画 線画とは 線画素材 おしゃれ

線画とは、その名の通り「線だけで描かれた絵」のことを指します。基本的には色はつけず、黒いペンだけで強弱などをつけていきます。

ペンの使い方を微妙に変えて変化をつけたり、陰影をつけたりすることで小慣れたおしゃれな線画に仕上がりますが、シンプルなだけにテクニックが必要とされる描き方です。

線画素材サイト5選

前述した通り、自分でおしゃれな線画を描くのは意外と難しいもの。素材サイトから素材を探せば、最低限の労力でお気に入りの線画が見つかります。

freepik

freepik

費用 :素材によっては有料

日本語対応 :無し

さまざまなテーマの線画素材が手に入るサイト。検索画面に”line art”と入力するだけで、線画素材を見ることができます。可愛らしい雰囲気の絵が多いサイトです。

shigureni

shigureni

費用 :無料

日本語対応 :有り

女の子のキャラクターが「何かをしている瞬間」を切りとった、ユニークで可愛らしい色付き線画素材サイト。痒いところに手が届く、面白いテーマの線画ばかりです。基本的にはフリーで使えるのも嬉しいポイント。

vecteezy

vecteezy

費用 :素材によっては有料

日本語対応 :無し

素材の取り扱い数でいえばピカイチの素材サイト。色でフィルターをかけて検索したり、自分で好きな文字を入れて素材をカスタマイズできたりと、いじりがいのあるサイトです。「自分で1から描くのは面倒だけど、オリジナリティは出したい」人にはピッタリ。

rawpixel

rawpixel

費用 :素材によっては有料

日本語対応 :無し

スタイリッシュで繊細な素材が多いサイト。透過している素材も多いので、他のイラストと組み合わせるなど使い勝手が良いのも特徴です。

線画だけでなく、写真素材等も多いので素材をたくさん探したい人には便利なサイトです。

inustock

inustock

費用 :無料

日本語対応 :有り

Webデザイナー向けに作られた線画素材サイト。数は少ないですが、色付きイラストもあったり、シンプルながらにツイストが効いたイラストが多かったりと、眺めて楽しい素材が豊富です。

AIで線画作成できる!「VanceAI」の使い方

最後に、なんと写真をアップロードするだけで自動的にAIが線画を抽出してくれるオンラインツール”VansPortraitの使い方を紹介。

不器用さんや初心者でも、写真さえあれば自分だけの線画を作ることができる超便利ツールです。

手順① ファイルをアップロード

vansportrait ai 使い方 ファイルをアップロード

まずはトップページの「アップロード」ボタンをクリック。上の画面のようなワークスペースが表示されるので、線画にしたい画像をドラッグ&ドロップでアップロードします。

vansportrait ai 使い方 線画加工

手順② 線画加工開始

画像をアップロードすると、画面右側で加工方法を選択できます。「モデルを選択」部分で「線画化」を選びます。

さらに柔らかさや彩度を調整したい方は、下のボタンで調整可能。設定が完了したら、画面右下の「処理を開始」をクリックで処理が始まります。

手順③ 画像をダウンロード

処理が完了すると、加工のビフォーアフターが確認できます。右下の「画像をダウンロード」でご自分のパソコンに加工後の画像をダウンロードできます。

まとめ

「線画ってそもそも何なの?」という話から、おしゃれな線画が手に入るオススメの素材サイト、そして自分の画像から線画を抽出してくれるオンラインツールを紹介しました。

自分で線画を描くのはハードルが高い・・という人も、素材を活用したり、線画作成ツールを上手に使うことでオリジナリティのあるデザインの線画を手に入れることができますよ。

この記事は役に立ちましたか?