ポスター

  • 目標ポスターの寸法はどれくらいなのか。
  • ポスターを編集するツールはなんなのか。
  • デザイナーでない以上、ポスターデザインは何を参考にするのか。
  • 素材画像はどう作成するのか、或いはどこから手に入れるか。

それではこの四点を抑えながら、ポスター 作り方の要点とツールを見ていきましょう。

一、目標ポスターの実際の寸法は?

ポスターの寸法というと、A4紙一枚の大きさから、人の身長相当のもの、ないし建物一面までのサイズがあります。実際の寸法は、パソコンでポスターデザインを作るときに、編集キャンバスと素材の必要な解像度を決めます。なので、ポスター 作成の最初に明確にしねばならないのです。両者の関係というと、

実際の寸法×dpi=パソコン上のポスターの解像度

dpiは実際に一単位の面積にどれほどピクセルが詰まるかを表す概念です。デザインされたものを印刷するなら、それに注意を払わなければなりません。

dpi概念

それでは、理想的なポスター 作成のdpiはどれくらいにすればいいでしょうか。

一般の写真のdpiは普通300以上です。理論的に言うと、写真のようにdpiが高ければ高いほどディテールが豊富で画面がきれいになります。一方、実際の場合、ポスターデザインのサイズが大きいほど、それを見る人に遠い場所で設置されるので、dpiがそれほど高い必要がありません。また、印刷の方式によって、必要なdpiも異なります。

結論で言うと、100~200のdpiでポスターデザインを印刷すればいいです。一般のポスター 作成に必要な最低のdpiは300で、インクジェットの場合は150dpiです。念のため、最初に印刷タイプと印刷可能なdpiを確認してからポスターに使うdpiを決めましょう。

パソコンでポスター 自作をするとき、スクリーンで表示される解像度と実際の寸法との対応関係を常に意識しましょう。迷う時は、このオンラインツールで両者の関係を素早く換算すればいいです。

二、編集ツールは?ポスター 作成は何を参考にする?

ポスター自作にする場合、ポスターを編集するツールを柔軟に選びましょう。お使い慣れの画像編集ツールを使えばぜんぜんオッケーです。重要なのはポスターサイズに相応しいキャンバスの大きさをツール内でちゃんと設定すること、および挿入される素材が実際でポスター全体にどう比例するのかを把握することです。また、ますます多くのツールはストック写真と豊富なテンプレートを提供するようにしています。そこにあるポスターデザイン用のテンプレートは、あなたのポスターデザインのヒントになれるに違いないです。

ポスター 作成のためのいくつかのツールをおすすめ

1.PowerPoint

パワポン

プレゼンテーションを作れるほか、デザイン機能を利用すればポスターデザインに用いられるポスター 自作の便利なツールです。パワポン自体には色んなデザインツールが内蔵されているので、テストや画像を追加したり、フォントとレイアウトを変更したりなど様々なデザインのニーズを満たせます。簡単に始められるポスター 作り方です。

ほかのメリット:

  • 完全無料、ほとんどの人が使い慣れています。
  • サイズ設定を利用してポスターの実寸に則ってキャンパスのサイズを設定できます。
  • パワポン内部でオンラインでポスター関連のテンプレートを探して参照にすることができます。

デメリット:

実寸でしかポスターの大きさを予め設定できないので、ポスターのサイズが大きいときに、パソコンから挿入される画像が実際にポスターの大きさとどう比例するのかは把握しにくいです。

もちろん、ポスター 作成をする際、ピクセルで表示される画像の大きさは実寸に変えればどれくらいあるのかについていつもイメージできるのなら、これが問題にならないでしょう。

2.Canva

キャンヴ

おしゃれで使いやすい画像編集オンラインツールです。ポスター 自作にも向いています。メリットは各シーンに対応する、センスのいいテンプレートと素材画像が非常に豊富に用意されていることです。しもも、たくさんの素材が無料で利用できます。スタイリッシュなポスター 作り方です。

ほかのメリット:

1.完全無料で利用できます。

2.キャンバスは実寸とピクセルの両方で大きさを設定できます。合わせて四つの単位があります。それぞれ㎝、㎜、inch、ピクセルです。

デメリット:

キャンパスのサイズ上限は8000pxを超えてはいけませんので、大型のポスターを作成するのは困難でしょう。

3.Photoshop

フォトショップ

プロなデザイン、画像編集用の定番ソフトです。ポスターデザインなど色んな画像加工のニーズを満たせます。機能が強力で整っている反面、デメリットも明らかです。まずは有償という点です。

それに、上達のPsユーザーでない限り、設定や機能の使いこなせるのは時間と手間がかかるでしょう。強いコントロールをもたらす最もプロなポスター 作り方です。ポスター 自作でも完成度の高いもの出したいなら、Photoshopはやはり避けられないツールです。

4.Pinterest

Pinterest

最後におすすめしたいのはPinterestです。デザインツールではないですが、このサイトを利用して、見栄えの良いポスターテンプレートを探すのがとても便利です。ポスターテンプレートの画像を一枚見つけたら、同じようなポスターテンプレートの画像およびテンプレートを提供するサイトの情報がどんどん出てきます。

三、素材画像のソースと取り扱い方

ポスター 作成に最適な素材というと、二つの条件に満足するべきです。一つ目は内容です。二つ目はサイズです。できるだけより簡単に適切な素材を利用できるポスター 作り方にしましょう。

内容というと、テーマに合致する内容を探すほか、商用のためにポスターデザインを作成するなら、著作権の有無にも注意しなければなりません。無料で利用可能な画像素材が提供されるサイトを下の方にまとめています。ご参照になっていただければと思います。

unsplash.com
pixabay.com
burst.shopify.com
pexels.com
pakutaso.com
tadapic.com
gratisography.com
girlydrop.com
o-dan.net

また、画像サイズを最適に調整する必要もあります。とくに内容や版権がピッタリしていますが、解像度が足りなくてきれいにリサイズできない状況が多いです。

こうした場合では、Vance AI 画像拡大というAIを活用したWebツールがおすすめです。その使い方を簡単に見ていきましょう。

Vance AI

Step1:Vance AI 画像拡大の製品ページにアクセス

VanceAI-画像拡大

Vance AIのホームページで、AI画像拡大という見出しをクリックして、AI拡大のウェブページに移動しましょう。

Step2:画像をアップロードしてサイズ変更を開始

真ん中にあるオレンジのボタンをクリックして、お持ちの画像をそこからアップロードします。そして「続行」ボタンをクリックして、処理準備のページに移動します。

アップロードウィンドウ

Step3:きれいにサイズ変更された画像をダウンロード

処理準備のページで拡大の倍数を決め、そして「処理を開始」をクリックしましょう。数秒後、解像度が増加し、画像拡大 きれいに行われた様子がオンラインでプレビューできます。ダウンロードをすればいいです。

拡大設定

これでポスター 作成に向いたサイズのいい画像を簡単にリサイズできます。

矢印 イラスト素材をフリーで入手する方法および編集のコツという記事を読んで、矢印イラストの入手ソースと変換方法を見ましょう。