家族の昔の生活を記録している白黒写真は大切な思い出として常に大事に保存されているのでしょう。紙の写真のほか、それらをスキャンしてデジタルのコピーを作るのも保存と整理にはプラスです。 

また、AIの技術を活用したVance AI Photo Colorizerを使えば、それらの写真を自動彩色させてカラフルかつリアルなカラー写真に変換することもできます。必要なのは白黒写真の画像をアップロードしてそして自動彩色を開始することです。ほんの数秒の後、カラー写真を入手できます。 

Vance AI Photo Colorizer

この自動彩色の作業をするために、白黒写真を写真館やプロなスタジオに託して人工による加工をせずに、AIの自動彩色のツールに任せて全自動ですることができます。 

有償ツールとして、Vance AI Photo Colorizerが様々なタイプの白黒写真を上手く自動彩色できるという自信がありますが、機械学習の訓練用データはすべての状況をカバーするわけがないので、あらゆる写真に対してベストの結果を出せるとは断言できません。 

もし Vance AI Photo Colorizerによる自動彩色の結果がイマイチと思えば、同じような自動彩色の機能を持つ他のツールを試すのもおすすめです。この記事で Vance AI Photo Colorizerの代わりとなる6のツールをまとめました。一緒に見ていきましょう。 

 

1. Colourise.com 

料金:完全無料 

タイプ:Webツール 

colourise.com

深層学習のAI技術を利用したWebツールで、完全無料です。「Start Now」をクリックしてから、アップロードのページに入ります。そこで、ドロップ或いはクリックの形で白黒写真をアップロードしてください。また、このサイトが提供しているサンプル画像で先に自動彩色の効果を試してもいいです。 

アップロードできるファイルサイズにご注意ください。最大のファイルサイズは5MBで最大の解像度は1200×1200です。サポートの形式はjpg、jpeg、pngです。 

 

2. Algorithmia 

料金:無料で利用可能 

タイプ:Webツール 

algorithmia

2Bのお客さんをターゲットとしている白黒写真カラー化の有償ツールです。個人ユーザーなら、それを無料で使用することができます。画像を自分のデバイスからアップロードするか、オンライン画像のURLを貼り付けて自動彩色をしてもいいです。そして「Colorize it」のボタンをクリックすればいいです。 

Colourise.comとは同じように、まずサンプルの画像で試して自動彩色の効果を検証してもいいです。画像を出力する際、着色済みの写真をダウンロードするか、着色前後の対比をダウンロードしてもいいです。 

ちょっと不便なところは出力済みの写真には Algorithmiaのウォーターマークがついていることです。 

 

3. deepai.org 

料金:無料で利用可能 

タイプ:Webツール 

deepai.org

このサイトの名前どおりに、深層学習のAI技術を利用して白黒写真の自動彩色をするサイトです。API利用をアピールするところを見て、 Algorithmiaとは同じように主に開発者を利用先にしようとするようです。個人ユーザーなら、無償で利用できます。デバイスから写真をアップロードするか、オンライン画像のURLを貼り付けるという二つの方法のどちらでやっていきましょう。 

不便なところはこのサイトがダウンロードのボタンを提供していないことです。なので、出力をするために彩色済みの写真で右クリックして、「名前を付けて保存」をクリックしましょう。 

 

4. 白黒写真の自動色付け 

料金:完全無料 

タイプ:Webツールです 

白黒写真の自動色付け

筑波大学 飯塚先生の個人作みたいな感じです。研究成果を例証する非営利性質のウェブサイトです。個人ユーザーなら、このサイトを利用して完全無料で白黒写真を自動彩色することができます。「色付け」のボタンをクリックした後、着色前後の画像の対比が出てきます、右クリックして画像をデバイスに保存してください。 

 

5. Pixbim 

料金:有償 

タイプ:ソフト

Pixbim 

AIの技術を応用して白黒写真を自動彩色することができる有償のソフトです。このサイトの上に掲げられる彩色前後の対比を見ると、自動彩色の効果はとてもいい感じがします。残念なのは、このソフトは有償のソフトで、価格は39.99ドルです。 

ソフトをダウンロードするために、事前にメールアドレスを入力する必要があります。一応Windowsのシステムをサポートすることが分かいますが、Macシステムで動作できるかどうかはサイト上で説明されていないようです。 

 

6. Imagecolorizer.com 

料金:完全無料 

タイプ:ウェブサイト 

imagecolorizer.com

AIの技術を活用して白黒写真を自動彩色することができるWebサービスです。完全無料無料で白黒写真を自動彩色することができます。ウェブページを開いて、白黒写真をパソコンからアップロードすればいいです。入力できる写真サイズの上限に気を付けてください。最大で5MBの画像ファイルで、3000×3000の解像度です。サポートの画像形式はJPEG、JPG、PNGです。 

 

まとめ 

以上の自動彩色のAIツールに加え、GoogleまたはApp Store、Google PlayでColorize Photo或いは白黒写真 カラー化を検索すれば、同じようツールやアプリは他にもたくさん発見できます。無料のAI自動彩色のツールはサービスを提供するために、サーバーを確保しなければいけないので、コストが高いです。ですから、いきなりサービス中止となるケースがよく見られます。 

Vance AI Photo Colorizerならこの問題は回避できます。無料でも安定に利用できる他、有償プランにアップグレードすれば、他のAI画像加工のツールも利用できるようになります。ぜひお見逃しなく。 

Vance AI Photo Colorizerで白黒写真を色付ける方法という記事を読んでVance AI Photo Colorzierの使い方をご了解ください。