今回は、画像解像度上げることのできる高画質化Webツールを5つ紹介いたします。無料で使えるものから、機能が充実した有料ツールまでさまざま!お気に入りのツールが見つけられたら光栄です。

画像を高画質化にするオススメツール5選

画像解像度を上げることのできるツールと、それぞれの基礎情報や特徴、そして使い方を説明いたします。

VanceAI画像拡大

画像解像度上げる VanceAI画像拡大

VanceAI画像拡大はAIで効率よく、かつ高性能に解像度を上げてくれるWebアプリです。なんといっても利点は使いやすさ。3ステップで作業が完了してしまいます。

<基礎情報>
料金:無料トライアルあり、月間契約182円/ポイント(平均1画像処理には0.2ポイント)
日本語対応:あり
特徴:
・8倍まで拡大可能
・AIノイズ除去とぼかし消去の機能つき
・AIが作業効率を最適化、素早く処理

<使い方>

① 画像をアップロード

トップページから、解像度をあげたい写真をアップロードします。アップロードするには、写真をドラッグ&ドロップするだけでOK。

② 各種設定

アップロードが完了したら、処理設定をします。拡大割合やノイズ除去等を画面右側から選びます。

③ 自動処理開始

画面右下の「処理を開始」をクリック。完了したら画像をダウンロードして完了です。

 

waifu2x

画像解像度上げるツール2 waifu2x

無料でシンプルに使えるツール。お金と手間をかけず、そこそこのクオリティを目指している人にはピッタリです。

<基礎情報>
料金:無料
日本語対応:あり
特徴:
・2倍まで拡大可能
・ノイズ除去あり

<使い方>

① 画像をアップロード

画面中央の「画像を選択」の下にある「ファイルを選択」から、画像を選択します。

② 設定

スタイル・ノイズ除去・拡大をそれぞれ設定。

③ 処理開始

一番下にある「実行」をクリックして処理開始。画像を保存して完了です。

Let's Enhance.io

画像解像度上げるツール3 Let's Enhance.io

無料ですが、なんと拡大が16倍までできるサービスです。クオリティ重視の人には嬉しいツールですね。ただし日本語未対応です。

<基礎情報>
料金:月額USD
日本語対応:なし
特徴 :
・16倍まで拡大可能
・画像の種類によって最適アルゴリズムを適用
・アカウント作成の必要あり

<使い方>

① 画像をアップロード

トップページから、解像度をあげたい写真をアップロードします。写真をドラッグ&ドロップすればOKです。

② 各種設定

アップロードが完了したら、処理設定をします。まずは拡大割合、2つ目は画像の種類(写真・イラストなど)、最後にカラーやトーンを整えたい場合はチェックを入れます。

③ 処理開始

画面右下の「Start Processing」をクリック。画像を保存して完了。


Bigjpg
 

ai 二次元画像拡大

シンプルに使えるサービスです。有料版もありますが、無料版でも8倍までなら処理可能。少し日本語が不自然な部分があります。

<基礎情報>
料金:無料(有料版あり)
日本語対応:あり
特徴:
・8倍まで拡大可能(有料版は16倍まで)
・ノイズ除去機能あり

<使い方>

① 画像をアップロード

トップページから、解像度をあげたい写真をアップロードします。ドラッグ&ドロップでアップロードできます。

② 各種設定

アップロードが完了したら、処理設定をします。拡大割合やノイズ除去等を選択。

③ 処理開始

画面右下の「確定」をクリック。完了したら画像をダウンロードして完了です。

AI. IMAGE ENHANCER 

画像解像度上げるツール5

こちらも英語のみですがシンプルで使いやすいツール。無料なのが嬉しいです。ただしノイズ除去等の追加機能はありません。

また、アカウント作成が必要です。

<基礎情報>
料金:無料
日本語対応:無し
特徴:
・8倍まで拡大可能
・AIが作業効率を最適化、素早く処理

<使い方>

① 画像をアップロード

トップページから、解像度をあげたい写真をアップロードします。ドラッグ&ドロップでOK。

② 処理開始

「Start」をクリック。処理が終わったらダウンロードして完了です。

 

まとめ

画像解像度を簡単に上げる、VanceAI画像拡大などのツールをご紹介いたしました。どれもユニークな機能がついていたり、価格も違ったりとさまざまな種類があります。ご自分の目的に合うツールで、快適に荒い画像を綺麗にする作業を始めましょう!

合わせて読む:PNGとJPEGの違いとJPEG画質劣化の対処法

この記事は役に立ちましたか?