「この写真を絵にした画像が欲しい」と思ったことはないでしょうか?

ビジネスや個人の情報発信などでなかなか適切なイラストがなく、写真であれば希望に近い構図となっていることがあります。それを模写したものを作ってくれとイラストレーターに依頼できればいいのですが、費用は勿論高額になりますし、知っているイラストレーターがいないと依頼するのも一苦労です。

そこで今はWEBツールやスマホアプリを使って写真を絵にすることが可能です。AI技術が発達したことで、それを活用した写真のイラスト化サイト・アプリが続々登場しているのです。そんな写真を絵にする便利なサイト・アプリについてご紹介したいと思います。

写真を絵にするWEBツール5選

それではまずPCなどで簡単に行いやすいWEBツールの中で、写真をイラスト化するサイトのうち、特に人気の5サイトを紹介致します。

VanceAI写真イラスト化

写真を絵にするWEBツール1 VanceAI写真イラスト化

今流行っている、非常に少なく簡単な手順で写真をイラストにできるWEBツールです。

VanceAI写真イラスト化はAnimeGANv2という顔写真のイラスト化に特化したAIモデルを利用することで、驚きほどのリアルな絵画風の写真を数秒で手に入れられます。

GoArt

GoArt

アップロードするとすぐにアート調のイラストに変換される非常に簡単で使いやすいサービスです。プレビューを見ながら絵のタッチを様々なスタイルに変更できます。

DEEPART.io

deepart

2種類の画像を組み合わせると自動でテイストを合成するサービスです。アート作品と合成させることで、写真がそのアート作品のタッチになります。

デフォルトで沢山の名画が選べますが、組み合わせる方の画像を自分でアップロードすることもできます。

AI Cartoonizer

imglarger

名前の通りAIが人物写真をカートゥーン(漫画)化してくれるWEBアプリです。

テイストなどは調節できませんが、画像をドラッグアンドドロップすると自動で仕上がってダウンロード可能になる点が非常にお手軽です。

Convert Photo to Cartoon Online Free

socialbook

こちらもAIが人物写真をカートゥーン化してくれるWEBアプリ。こちらの特徴として、ディズニー風やシンプソンズ風など様々なテイストに変えられるのが特徴となっています。

 

写真を絵にするスマホアプリ5選

ここまではPCで行いやすいWEBツールをご紹介しましたが、AndroidスマホやiPhoneでも簡単に行えるアプリも沢山あります。

その中で人気の5つをご紹介致します。

Artomaton iOS

Artomaton

人工知能がアートを描いてくれるのが売りのアプリです。単純にテイスト一覧から選ぶのではなく、画材とキャンバスの種類でテイストが選択できるのが特徴です。

MomentCam iOS   Android

MomentCam

いわゆる似顔絵屋に描いてもらったようなテイストのイラストが作成できるアプリです。また作成できたイラストの顔から髪色を変えたりアバターを着せ替えさせたり、背景を加工できるのが大きな特徴になっています。

Graphite Sketchbook iOS

Graphite Sketchbook

特にスケッチ調に仕上げるのを得意とするiOSアプリです。仕上がりも非常に綺麗で緻密に仕上がるので人気の高いアプリとなっています。

GoArt – Photo Art Maker iOS  Android

GoArt-app

WEBアプリの項でもご紹介したGoArtのアプリ版です。スマホでより手軽に各種アート風のイラストに変換できます。

Photo Lab iOS  Android

Photo Lab

イラスト化専門のアプリではなく様々な画像加工ができるアプリですが、機能の一つとしてイラスト化があります。加工もできるアプリの強みで非常にアーティスティックな仕上がりにすることも可能です。

 

まとめ

このように写真を絵にするのに、今は様々なWEBツールやスマホアプリが揃っています。写真を絵にしてみたいという方は、ぜひこの中から最適なものをチョイスしてご利用になってみてください。

この記事は役に立ちましたか?