月の画像をきれいに撮るには、プロのカメラでないと無理だと思う人がほとんどでしょう。

プロのカメラは高価であり、誰もがその費用を捻出できるわけではありません。 では、プロのカメラを持っていない人は、月をうまく撮れないのでしょうか?

答えはNO!

撮影技術を学び、AIツールを使うことで、スマホでも月を綺麗に撮ることができるのです。

月を綺麗に撮るテクニック

step1 ピントと露出が固定される

Generated

月を長押しすると、ピントと露出が月に固定されます。そして、画面を上下にこすりながらゆっくりと指をドラッグし、上にスワイプすると写真の明るさが増し、下にスワイプすると明るさが減って画像が暗くなります。

step2  手ぶれを抑える

手ぶれを抑える必要があります。柵や塀、手すりなどにスマホを固定して持って、スマホがぶれないように慎重にシャッターボタンを押す方法です。

step3 シャッターを押す

機種によりますが、あるスマホだと望遠レンズを使った光学ズームは2倍まで、それ以上、ズームするとデジタルズームに自動的に切り替わります。画角が広い「広角」で撮った方が雄大な構図になるため、なるべくデジタルズームは使わず、光学ズームの範囲で撮影しましょう。最後はカメラ目線で、完璧な画像が得られたらシャッターを押す。 そして、そこにあるのは、美しい月の画像です。

画像を高画質化する方法

月の画像

満月がきれいなのに、画質が悪くてはっきり見えないのが残念だなー

美しいものを見ると、誰しもが写真を撮りたくなるものです。 しかし、出来上がった画像はぼやけすぎています。 だから、AI技術を使って満月の画像を高画質化にする方法を学ぶすることが必要です。VanceAIは高画質化 サイトです。だから、月の画像が低画質すぎる場合の解決策はVanceAIにあり!

順番1写真をアップロード

月の画像

まず、ぼやけた月の画像を一つ選んで、アップロードします。

順番2数値の調整

月の画像

調整したいパラメーターを選択します。画像を2倍、4倍、さらに8倍まで拡大できます。ノイズを除去したい場合は、下のノイズ除去のパラメータを調整してください。そして、処理を開始をクリックします。

順番3ダウンロード

月の画像

数秒待って、処理が完了です。とても便利で手軽ですよね。ほら!画質がより鮮明になったのではないでしょうか。

まとめ

今日ご紹介した方法は、お役に立ったでしょうか?

スマホ撮影のコツやAIツールで、より見栄えのする写真が撮れるようになると思います。

機会があれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?