写真を撮っていると、ピントが合っていなかったりレンズが汚れているなどでぼやけてしまうことがあると思います。
もちろん撮りなおしができれば良いのですが、撮影時は気づいていなかったり、再撮影ができないシチュエーションということも多々あったりします。
そのような自動的にぼやけた写真をくっきりさせるAI画像鮮明化ツールを使うことによって、画像の輪郭がシャープな写真に生まれ変わらせることができます。
それが可能となるVance AI画像鮮明化ツールをご紹介したいと思います。

ぼやけた写真をくっきりさせるAIの仕組み

という作業について、実は単に自ぼやけた写真をくっきりさせる動のツールや手作業では難しいことはご存知でしょうか?
というのもぼやけた画像は、その輪郭線がどこにあるのかが曖昧になってしまっています。
そのため単に画像の輪郭をシャープにすると、ぼやけの中心など適当な位置で輪郭線をつくってしまうため、実物と異なってしまうことが多いのです。
加えて曲線のカーブの具合も曖昧なので、きれいな曲線にならず、カーブが段々になる、いわゆる「ジャギジャギした状態」となってしまいがちです。
でも人間の目でみるとぼやけた写真から「くっきり写っていればこのような画像になるな」というのは想像できると思います。
そこでAIによる画像鮮明化ツールは、ぼやけた写真とそうでない写真の両方を機械学習で覚えさせます。
人間と同じように「こうぼやけている場合は、実際はこのようになる」ということを膨大なパターンを学習させることで、再現させるのです。
さらに人間の手作業では、それはわかっていても再現するとなるとその箇所に絵を書き直すような作業が必要になってしまって、手間がかかりすぎるために実質的に不可能であったりします。
でもAIであれば絵を書くような処理をひたすら高速で何度も行えるので、それも可能となります。
この仕組によって人間の手では難しい、ぼやけた画像の鮮明化を行うことができるというわけです。

Vance AI画像鮮明化で写真をくっきりする方法

VanceAI画像鮮明化

それでは実際にVance AI画像鮮明化の使い方を説明したいと思います。
といっても難しいことはAIがすべて行ってくれますので、非常に簡単なステップで写真の鮮明化を行っていただけます。

①画像をアップロードする

workspace

まずはVance AI画像鮮明化のページにアクセスします。
アップロードボタンをクリックするとワークスペース画面に移動するので、そこでドラッグアンドドロップするか、アップロードのリンクをクリックするとファイル選択も可能です。
また最初の画像鮮明化の画面から直接ドラッグアンドドロップでページ上に画像を持っていくことでもアップロードが可能です。

②処理を行う

アップロードが完了すると自動的に処理が始まります。
処理が完了するとオリジナルと処理後のそれぞれの画像が2分割でプレビュー表示されるので、仕上がりを確認してください。

③画像をダウンロード

画像の輪郭がシャープになった写真

完了画面の右下にある「ダウンロード」ボタンをクリックすると、画像をダウンロードできます。
サインアップしていない場合は「サインアップしてダウンロード」というボタンになっているので、そちらをクリックし無料か有料での会員登録を行ってからのダウンロードとなります。

まとめ

このように、人の手などでは難しい鮮明化も非常に簡単な作業で行えることがお分かりいただけたでしょうか?
無料でも月3ポイントまで利用が可能ですので、画像の輪郭をくっきりさせる方法として、是非一度この画像鮮明化ツールをお試しになってみてください。