PCゲーム画面

では、古いPCゲームのスクリーンショットを現代のディスプレイで見やすくするために、何かできることはないのでしょうか?はい、幸いにもそのような解決策は存在し、VanceAI画像拡大という名前で知られています。その名の通り、この強力なツールは、写真の解像度に関係なくどんな画像でも取り込み、元のサイズの最大8倍まで拡大、また高画質化することができます。さらに印象的なのは、画質を損なうことなくそれが可能であるという事実です。さらに、このツールは非常に直感的で使いやすくなっています。

昔のPCゲームのスクリーンショットを拡大する方法

ステップ1

VanceAIウェブサイトにアクセスし、拡大したい画像をアップロードするか、テストしたい場合はサンプル写真を選択します。

PCゲーム画面

ステップ2

次に、画像をどの程度拡大するかを決めます。無料プランでは2倍と4倍しか選べませんが、有料プランにアップグレードすると、さらに2つのオプション(6倍と8倍)を利用することができます。また、「ノイズを抑える」と「ぼかしを取り除く」オプションにもチェックを入れてください。

PCゲーム画面

ステップ3

あとは、処理を初期化し、ツールが魔法をかけるまで数秒待ち、出来上がった画像をダウンロードするだけです。簡単ですね。

PCゲーム画面

旧作PCゲームの拡大画像例

必要なツールとその使い方がわかったところで、いよいよこのAI画像拡大が実際に動いているところをご覧いただきましょう。私たちは、インターネットから古いPCゲームの画像を探し出し、このAIにかけたところ、どうなったかを見てみました。その結果は以下のとおりです。

Doom (1993)

PCゲーム画面

まず、FPSというジャンルを開拓し、あらゆる電子機器で動作するゲームとして知られる初代「Doom」です。アップルウォッチやプリンター、ATMなど、あらゆる電子機器で動作することで知られています。最近、シリーズのリブートが大成功を収めたものの、オリジナルの「Doom」は今でも最もよく語られる古いPCゲームの1つであり続けています。そして、PCゲームの歴史を語る上で、最もよく取り上げられるタイトルの一つであります。このゲームには、高解像度ディスプレイで動作するよう長年にわたってさまざまな改良が加えられてきましたが、オリジナルのスクリーンショットを使用する場合は、画像を拡大して適切に改良する必要があります。

PCゲーム画面

StarCraft (1998)

PCゲーム画面

FPSの創始者の一人から、最も影響力のあるリアルタイムストラテジーゲームの一つである「StarCraft」に話を移そう。この記事で取り上げる他のタイトルと同様、「StarCraft」も発売から何年も経ってからリマスター版が発売されることになったが、オリジナルは今でも多くの古いPCゲームファンの心の中に特別な位置を占めています。StarCraftが発売された当時は、ほとんどのゲームにズーム機能がなく、ユニットを間近に見ることができなかった。ちなみに、このゲームはBattle.netで現在無料ですので、まだの方はぜひチェックしてみてください。

PCゲーム画面

X-COM: UFO Defense (1994)

PCゲーム画面

ヨーロッパでは「UFO: Enemy Unknown」として知られ、少なくとも90年代に発売された「X-COM: UFO Defense」は、独自のジャンルを確立した素晴らしいターンベースのタクティクスゲームです。オリジナルのX-COMは、古いPCゲームのスクリーンショットを画質を落とさずに拡大できないかと考えた大きな理由の1つです。X-COMは、90年代初頭から現在に至るまで、非常に長く輝かしい歴史を持つゲームです。長年にわたり、X-COMの続編やスピンオフが数多く成功(一部は失敗)してきましたが、私たちは今でも関係なくオリジナルに戻りたいことがあります。グラフィックはご想像の通り、特に古びていませんが、ゲームプレイは最近の作品と比べても非常にしっかりしています。

PCゲーム画面

まとめ

古いPCゲームのスクリーンショットを高画質化する方法について楽しく書いてきましたが、この記事を読んでいただけたでしょうか?今回、クラシックゲームの画像を拡大したのは、そのほとんどが非常に小さいためですが、これはちょっとしたデモンストレーションに過ぎないということを心に留めておいてください。VanceAI画像拡大は、他のどんな種類の画像でも同じように機能します。元画像にもよりますが、最大で8倍までなら画質の劣化を気にせず拡大することができます。ただし、古いPCゲームのスクリーンショットの場合、拡大すればするほどピクシレーションが目立つので、せいぜい4倍までが限度でしょう。

この記事は役に立ちましたか?