荒い画像に様々な原因があります。その中、夜間など暗い場所での撮影で高感度ノイズによる画質の劣化はよくあります。
カラーノイズは高感度ノイズの1つで、ISO感度を上げることで発生する写真全体のざらつきをいいます。ISO感度を上げるのは暗いところで明るい写真をとるためです。そして、ISO感度を上げれば上げるほどノイズが発生しやすいのです。
高感度ノイズには「カラーノイズ」と「輝度ノイズ」の2種類があり、カラーノイズは不自然な赤、青、緑色の斑点のようなもので、輝度ノイズはザラザラするものです。それでは、カラーノイズを低減したいなら、どうすればいいでしょう。


カラーノイズの対策


1.編集ソフトを使用してカラーノイズを除去する

画像のノイズ除去ツール、例えばVance AI ノイズ除去を使う場合、カラーノイズの発生に気にせずISO感度をあげて撮影した後、ノイズを取り除けるので、とても便利です。

2.三脚を使う

ISO感度を上げ、シャッタースピードを適切な数値に設定し、三脚などを使ってカメラを固定して写真を撮影することです。これは効果の高い対策だが、三脚は持ち運びが不便という欠点があります。

3.ノイズリダクション機能を使う

カメラのノイズリダクション機能を使用することです。その機能を使えば撮影後に自動でノイズを低減してくれます。しかし、あまり効果が得られない恐れもあります。

それでは、画像のノイズ除去に特化したオンラインツールVance AIの使いかたを見てみましょう。

Vance AI ノイズ除去の詳しい手順

手順1 ウェブサイトに写真をアップロード

Vance AI ディノイズ
 
まず、ウェブサイトにアクセスして写真をアップロードします。


手順2 処理したい写真を選択

ディノイズ 画像 選択
 
オレンジ色の破線で囲まれているエリアをクリックして、写真を載せてから「続行」と書いてあるボタンをクリックする。


手順3 写真のカラーノイズを取り除く処理を行う

Vance AI カラーノイズ 除去 手順

最後は「処理を開始」と書いてあるボタンを一つクリックするだけです。
 Vance AI カラーノイズ 除去 効果
カラーノイズを除去した後の効果はこちらです。写真の色づきの斑点がなくなり、なめらかになりました。

まとめ


本記事では、高感度撮影で生じたカラーノイズを低減させるいくつかの対策を紹介しました。その中、編集ツールを使ってカラーノイズを低減させるのは誰でも手軽に応用できる方法でしょう。適切な編集ツールを使えば、高感度撮影によって発生したノイズをきれいに除去できます。カラーノイズが発生するにつれて低下した画質を改善したい方は、ぜひ、Vance AI ノイズ除去を使って試してください。

なお、手ぶれした写真をきれいに修正したい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

あわせて読む:初心者向けのピンボケ写真修正ツールVance AI 画像鮮明化