輝度ノイズとは、LabカラーというLチャンネル(輝度)に発生するノイズのことを言います。輝度ノイズの発生はISO感度を高くしたことと関連しています。こう言われても、そもそもISO感度って何ですか。またどうのような場合でISO感度の設定を上げますか。という疑問をお持ちの方がたくさんいるのでしょう。

それでは、なぜ高ISO感度撮影による輝度ノイズの発生が多いかについて詳しく説明します。

輝度ノイズの発生は室内や夜景など暗いシチュエーションでの撮影の場合が多いです。暗い場所での撮影は光をできるだけ多く集める必要があるため、シャッタースピードを遅くして、光を取り込む時間をゆっくりにします。シャッタースピードを下げすぎると、写真がブレてしまう。それで、その手ぶれを防ぐためにISO感度を上げます。しかし、ISO感度上げると写真にノイズが出やすくなってしまう。そこで、画質が荒れないかつ明るい写真をとるために、三脚による撮影がおすすめですが、三脚って気軽に持ち歩けるものではないですよね。

そんなとき、まずノイズを気にせずISO感度をあげて撮影することでブレを防ぎましょう。あとから画像編集ツールで輝度ノイズをきれいに軽減すればいいでしょう。そこで、今日はオンライン画像編集ツールのVance AI ノイズ除去で画像データからノイズを除去してみましょう。


 
手順1 ウェブサイトに写真をアップロード

Vance AI 画像 ノイズ 除去
まず、ウェブサイトにアクセスして写真をアップロードします。


手順2 輝度ノイズを軽減したい写真を選択

ディノイズ 画像 選択
オレンジ色の破線で囲まれているエリアをクリックして、写真を載せてから、「続行」と書いてあるボタンをクリックする。


手順3 画像のノイズ除去処理を行う

ノイズ 除去 処理
最後は「続行」と書いてあるボタンを一つクリックするだけです。

処理した後の効果はこちらです。写真の輝度ノイズが除去され、滑らかでシャープになりました。

ノイズ 除去 効果

まとめ


夜景など暗い環境の撮影でISO感度をあげた結果、輝度ノイズだらけになって画像のディティールを壊してしまいます。Vance AI ノイズ除去のようなノイズ軽減ツールを使えば、ISO感度をあげて撮影してから発生されたノイズをきれいに除去できるので、夜景の画像の品質を改善したい方、ぜひ、試してください。
なお、手ぶれした写真をきれいに修正したい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

あわせて読む:初心者向けのピンボケ写真修正ツールVance AI 画像鮮明化