前の記事では、AIのアルゴリズムを活用して自動で白黒写真に色をつけるツールをいくつかまとめて紹介しました。多くのオンラインツールの中、Pixbim ColorSurprise AIというソフトウェアは私の目を奪いました。公式サイトで展示されている着彩済みの写真の様子を見て、AI彩色のレベルはかなり高いと思います。

Pixbimホームページ 

果たしてこのソフトはどれだけうまく白黒写真に自動で色をつけることができるのか。有償のソフトですが、無料で試用できるので、実際の使用状況の例を交えながら使い方と様子を見ていきたいと思います。 

 

一、色をつけるAIソフトPixbimをダウンロード 

Pixbimの公式サイトにアクセスしてください。この自動着彩ソフトのホームページはレイアウトが一見でちょっと乱れている感じです。ページを下にスクロールして、ソフトをダウンロードするためのボタンを見つけましょう。紫色のボタンです。 

ダウンロードボタン

ボタンをクリックしてから、メールアドレスの入力が請求されます。入力してから、下にあるオレンジ色のボタンをクリックしてください。そしてダウンロードリンクのページに自動でジャンプします。お使いのPCシステムに応じてダウンロードをしてください。WindowsとMac両方ともサポートします。 

ダウンロードリンク

この写真 カラー化ソフトウェア全体のサイズはおよそ400MBくらいです。 

 

二、 自動彩色ソフトのPixbimの各機能を紹介 

Pixbimのメインインターフェース

Pixbimを起動してから、無料試用のカウントダウンが始まります。7日間の無料トライアルしか利用できないので、ご注意ください。 

 

1. 右にある自動着彩の設定セクション 

右の設定パネル

AI彩色の状態を細かくコントロールするための主な機能がこのセクションに詰まっているので、ここから紹介に入りましょう。他の画像編集のツールとは同じように、ここで写真の彩度、カラー、コントラストなどの調節ができます。スライダーを移動すれば新しい設定をスムーズに着彩後の写真に適用することができます。 

重点は「Color Factor」という設定です。下にある英字も全部この設定についての解釈です。要するに、色をつける作業を開始する前に、この設定を「Low」に切り替えると高いスピードで色をつけることができます。逆に「High」にすると、AI着彩のスピードを犠牲によりよい出力結果が出せます。 

 

2. トップにあるメニューバー 

メニューバー

ソフトのメイン画面の上端にあるメニューを使って、画像をソフトに取り込むこと、または着色のモードを切り替えることができます。 

「File」→「Open」の順でクリックして単一の白黒写真を自動彩色ソフト内に導入することができます。 

「Batch Process」をクリックして、フォルダーを指定することで白黒写真を一括で取り込んで一括でカラー化にすることができます。 

「Advanced」をクリックすると、ブラシツールを起動することができます。ブラシという機能で、色付けた写真に対して彩色の不自然な領域を修正することができます。その使い方について少し紹介します。 

 

ブラシ機能をつけた後、メニューに下で横に並ぶ四つのボタンが出てきます。デフォルトではブラシをつけた状態の「Smart brush」がついたのです。 

ブラシ機能のボタン

「Disable Brush」はブラシ機能を閉じるボタンです。 

「Undo Brush Stroke Only Once」は前の一回の操作を取り消すことです。 

「Erase all Brush Stroke」はブラシを介した操作をすべて撤廃することです。 

 

さて、一体ブラシツールはどのように使いますか?使い方は簡単です。満足しない着彩された領域でカーソルを移動して塗り替えせばいいです。ペンとして理解しましょう。 

ブラシ色の設定

どんな色で塗るのかは「Pick Source Color from Palette or from Screen」というボタンで決めましょう。それをクリックして開いたカラープレートにある「Pick Screen Color」というボタンをクリックしてください。そしてプレビューの写真から刷毛の色を決めればいいです。 

カラープレート

新しい色をブラシで写真に適用する際、結構ソフトで自然に塗り替えられます。硬くて荒い色の塊はほぼ出ません。 

 

続いては、私自分でこのAIソフトウェアを使って色をつけた写真の事例です。ご覧になってください。 

効果を検証1

効果を検証3

効果を検証2

もっと簡単にモノクロ写真に対して自動着彩をしたいなら、WebツールのVance AI Photo Colorizerはおすすめです。

Vance AI 白黒カラー化で白黒写真を色付ける方法という記事を読んでその使い方をご了解ください。

Vance AI以外のAI着彩ツールでモノクロ写真に色を付けたいなら、白黒写真を自動彩色することができるWebツール6選という記事をお読みください。