撮影技術に制限され、貴重な歴史的な瞬間を捉えた写真は多くがモノクロのままで保存されています。それらの白黒写真をもって歴史に思いを馳せるたび、写真の表現しているシーンがなんとなく理解できるものの、時空の隔たりで切実に写真のニュアンスを読み取れないのも普通でしょう。とくに、彩りのメディアで官能を刺激しすぎて思考力と理解力が鈍くなった現代人にとってです。

歴史写真1

幸い、Vance AIはそれらの歴史的写真の色彩をワンクリックで復元できるAIツールを提供しました。ニューラルネットワークなどのAI技術を使用することで、リアルな色合いを簡単に歴史な写真に施すことができます。

Vance AIで白黒カラー化のツールで白黒の歴史的な写真に色を付ける方法を見ていきましょう。

一、歴史的な写真をVance AIにアップロード

Vance AI白黒写真カラー化の製品ページを開きます。真ん中にあるアップロードのボタンをクリックしてください。すると、アップロードのウィンドウが開きます。

白黒写真カラー化の製品ページ

そこで、クリック或いはドラッグとドロップの方法でお持ちの歴史的な写真をアップロードしましょう。

アップロードのウィンドウ

二、歴史的写真に対する着色プロセスを開始

アップロードすると、アップロードのウィンドウで写真をクリックしてチェックを入れてセレクトします。そして、右下にある「続行」ボタンをクリックします。

アップロードのウィンドウ2

すると、ワークスペースに入ります。ここでは、カラー化に使うAIモデルを選択するか、複数の歴史的なモノクロ写真を追加して一括で着色することもできます。

白黒写真カラー化-ワークスペース

三、歴史の写真をダウンロード

最後に、ワークスペースの「処理された画像」のタブに切り替えて、処理済みの歴史的な写真の右側にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてカラー化された画像をダウンロードしましょう。

目のようなアイコンをクリックして、Vance AIが提供するプレビューの機能を利用して着彩前後の歴史写真の具合を便利に確認することができます。

プレビュー

Vance AIで色づけた歴史の写真を比較

歴史写真着色1

歴史写真着色2

歴史写真着色3

Q&A

Q:Vance AIは歴史的な写真にある被写体の本来の色を復元できます?

A:Vance AIの施した色彩はあくまでもAIが他の写真の色合いを学習した上で推測したものです。なので、100%正確に被写体そのものの色を復元できるわけではありません。例えば、カラー化された服の色は本来の服の色ではありません。

Q:処理を始める前、品質に関しては二つのオプションがあります。その違いは?

A:二つのAIモデルが提供されています。「より高い品質」を選ぶと、アドバンスのAIモデルが利用されるようになります。このモードでは、歴史的写真に対してカラーを付ける効果がより良いですが、スピードがやや遅いです。しかも、Proプランのユーザーに限定されています。

Q:できるだけ大きい画像を入力しようとするが、どうすればいい?

A:無料ユーザーなら最大で2.8メガピクセルの画像を入力できますが、有料メンバーになると、最大で34メガピクセルの画像を入力できます。

Vance AI 白黒写真 カラー化で昭和の文人たちの写真にカラーを付ける効果を見ましょう。

合わせて読む:昔の写真をフルカラー写真へ―昭和の文豪の写真をカラー化してみた