さて、どのようにして昔の古い白黒写真をカラフルにし、その貴重な瞬間を復活させますか?VanceAI白黒カラー化まさにこの色付けのニーズを見事に満たせます。 

VanceAI白黒写真カラー化とは? 

VanceAI白黒写真カラー化

VanceAI白黒写真カラー化はディープラーニングされたAI技術を利用して、白黒写真を自動的に色付けることのできるAIツールです。画像をアップロードした後、5秒以内で古い写真に鮮やか且つ自然な色を付けることができます。しかも以下の特性があります:

  • リアルな色合いで色彩を再現することができます。 
  • SaaSツールなので、デバイスと場所には制限されません。 
  • サンプル写真がたくさん提供されているので、自由にトライできます。 
  • PSDファイルを出力できます。プロな作業の流れには役立ちます。 
  • 無料でも利用可能です。  

 

VanceAIで白黒写真に色付けをする方法

Step1:白黒写真をアップロード 

Step1:白黒写真をアップロード

VanceAI白黒写真カラー化ページに入り、「アップロード」の黄色のボタンをクリックして、写真をアップロードしてください。 

 

Step2:着色種類を選択する

Step2:着色種類を選択する

写真をアップロードした後、処理画面になります。当ページの右側の「着色種類」を選んで、「処理を開始」ボタンをクリックしてください。

 

Step3:着色済みの画像を出力 

Step3:着色済みの画像を出力 

5秒を待つと、色付けされた写真をプレビューできます。「画像をダウンロード」ボタンをクリックして、色付けした画像をダウンロードしてください。

 

AIカラー化以外、白黒写真を色付けできるツール

VanceAI白黒写真カラー化以外、ほかに写真カラー化に優れたツールもたくさんあります。

DataChef

DataChefはAIを利用して、アップロードした白黒写真に色をつけて、カラー画像に変換することができます。会員登録不要で、写真処理を素早く対応できます。受け取るファイル形式も豊富で、JPEG、PNG、GIF、BMP(ビットマップ)、Heicに対応しています。

 

PicWish白黒画像カラー化

PicWish白黒画像カラー化

PicWish白黒画像カラー化は同様にAIディープラーニング技術を使って、古い白黒写真に色をつけたり、写真を自然に仕上げたりすることができます。使い方も簡単で、「画像を選択」をクリックして、カラー化したい画像をアップロードすると、画像の処理が自動的に実行されます。

 

まとめ

白黒写真を色付けすることで、その写真をもう一度蘇ることができます。VanceAI白黒写真カラー化を利用して、AIの力で、モノクロ写真をカラフルにならせましょう!

合わせて読む:【まとめ】画面上の色を取得できるカラーピッカー6選

この記事は役に立ちましたか?