オリジナルのTシャツを作りたいと思ったことってありませんか?

仲間とおそろいのプリントにしたり、他の人とかぶらないオリジナルの柄にしたり。

自分でデザインするとファッションの幅が広がりますよね。

ジャケットやワンピースなどと違い、Tシャツはカスタマイズしたり自分でデザインしたりしやすい衣服です。

この記事ではTシャツのプリントを自作する方法をご紹介いたします。

アプリを使うことで簡単にデザインすることができます。ぜひ読んでみてくださいね。

オリジナル自作Tシャツの作り方

Tシャツのプリントを自作するには2つの方法があります。

ステンシルプリント

アイロンプリント

どちらも非常に安価に制作することがでるので、自分にあった方法を試してみてくださいね。

ステンシルプリント

型をとってスプレーやインクなどで着色します。

特徴はとても簡単なこと。

型は一度作ってしまえば再利用できるので一気に複数枚作成することもできます。

ステンシルの型は市販されているのですが、デザインがすでに決まっているので、オリジナルのデザインにしたい方は自作する必要があります。

作業には一切難しいことはありません。

型のデザインを完成させたら型紙に貼り付け、デザインに沿って型をくり抜きます。あとは着色するだけ!

アイロンプリント

アイロンプリントはお手軽にTシャツを自作したい方におすすめの方法です。

デザインが施されたシートをアイロンの熱で圧着させる方法です。

シートに関しては100円ショップなどでも販売されており、安価に道具を揃えることができます。道具などもご家庭で揃うものばかりなのでお子様と一緒につくってみてもいいかもしれません。

ユニークなプリントの作り方

どうせオリジナルのプリントTシャツを作るなら、ユニークなものにしたいですよね!

単なる英文やありきたりなデザインじゃないTシャツを作るには、アプリを活用しちゃいましょう!

VanceAI 写真イラスト化

AI写真イラスト化

VanceAI写真イラスト化はAIを利用してワンクリックで写真をイラスト化できるアプリです。写真を似顔絵や漫画風、絵画風など様々なイラストに変換できます。

写真イラスト化

人物写真だけでなく、風景やアイテムなどをイラスト化できるのでオリジナルのTシャツを制作するのにぴったりなツールです。

VansPortrait

vansportrait

VansPortraitは自動的に写真から線画を抽出したり、似顔絵を作成したりできるウェブアプリです。AIを利用して写真の線がを抽出し、似顔絵を作成することができます。

似顔絵風のイラストを利用したい場合にはぴったりですね。

AIによって自動で処理されるので面倒な作業は必要ありません。

まとめ

オリジナルTシャツを作る方法をご紹介いたしました。

アプリを使えば簡単に好みのデザインでTシャツを作ることができます。

今回ご紹介したアプリはふたつとも無料で使えるものなので、ぜひ試してみてくださいね。

そして、作ってきたTシャツ絵を高画質化にしたいとするとき、ぜひVanceAI画像拡大のAIアート修復モデルを使ってみてください。

この記事は役に立ちましたか?