今回は、使いたい写真が手元になくても探せるヴィンテージ画像素材サイトと、写真が既にある場合に使えるヴィンテージ加工サイトを両方紹介します。さらに高画質化サイトで超解像処理することで、より画質の良い画像を使いましょう。

おすすめヴィンテージ画像素材サイト3選

レトロ写真やヴィンテージ写真の素材が見つかるサイト3つを紹介します。

DIGITAL COLLECTIONS

ヴィンテージ 写真 素材 

ニューヨーク市立図書館のウェブサイト。古い写真はもちろんのこと、動画や地図などの豊富なデータは図書館ならでは。オシャレというよりは、本格的なヴィンテージ写真を探したい人にオススメのサイトです。
欲しい素材を英語で検索して探してみましょう。

Pinterest

ヴィンテージ 画像 素材

最近日本でも人気急上昇中のPinterest。ヴィンテージ写真をピン留めしたユーザーを覗くことで、効率的にお洒落なレトロ写真を探すことができます。
とにかくお洒落な写真が欲しい!という人も、素材を見つけやすいでしょう。

Heritage Type

ヴィンテージ風 画像 サイト

ヴィンテージ風のフリーフォントやフリーイラストを提供しているサイト。
独特なタッチのイラストが豊富にあります。写真ではなくヴィンテージイラストを探している人にはぴったりのサイト。英語のみの対応です。

おすすめヴィンテージ加工サイト3選

手元に既に使いたい写真がある場合、レトロ風やヴィンテージ風に加工することもできます。おすすめ加工サイトを3つ紹介。

ビンテージ加工

ビンテージ 加工

シンプルな使い勝手が魅力のビンテージ加工。写真をアップロードして、ヴィンテージ加工の風合いを選ぶだけで加工が完了します。アカウント登録も必要ないので、手っ取り早くヴィンテージ風加工がしたい人にはぴったりです。

PIXLR

pixlr ヴィンテージ 写真

手元の写真やイラストを使ってお洒落な画像が作れるサイト。
季節のイベントのテンプレートなど、豊富なテンプレートから選んで加工することが可能です。ヴィンテージ加工だけでなく、文字や背景にも拘りたい人にはオススメのサイトです。

写真加工.com

写真 加工 ヴィンテージ

写真加工.comではさまざまな写真加工が可能。レトロ風やセピアを選べばヴィンテージ風になりますし、他にも美肌加工やモザイク加工なども可能です。
ヴィンテージ加工だけでなく色々な加工を施したい人には便利なサイトです。

まとめ

ヴィンテージ写真が欲しい時に使える、オススメの素材サイトと加工サイトを紹介しました。また、VanceAI画像拡大のような高画質サイトと使い合わせるのがおすすめです。ツールをうまく使いこなして、効率的にお洒落な写真を手に入れましょう!

この記事は役に立ちましたか?