角度

一、写真や画像を角度を変更する場合

下などの状況で画像の角度を変更する必要があると思います。

1.写真を撮る際に、レンズが傾いた故に、現像後の写真に写った内容が歪んでしまった。

2.縦方向になるべき画像が横のままで保存されてしまいます。或いは逆です。

3.わざと写真や画像の角度を変更して仕様を変えます。

Vance AIを使えば、上記のいずれも簡単に達成することができます。ソフトやアプリのダウンロードと勉強がいらなくて、ログインや登録をすることも必要ありません。完全無料で使用できます。

二、Vance AI 回転で画像の角度を変更する方法

Step1:Vance AI 画像回転のページに移動

Vance AI回転のページに移動し、画像を点線のボックスにドラッグすることで画像をウェブページに設置されている編集エディターで開きましょう。このエディターは完全無料で使用できます。ログインや登録も一切いらないのです。

Step2:方向と角度を決めて画像角度変更をする

編集エディターで「回転」のセクションに移動してください。回転の方向と角度の数値を入力し、画像の具合を確認しながら、変更角度を確認しましょう。最後に「保存」ボタンをクリックして画像をダウンロードしてください。

三、Canvaで画像 角度 変更をしましょう

現段階では、Vance AIは90度の角度変更しかサポートしていません。画像を任意の角度で変更するなら、Canvaなどツールでドラッグすることでもっと自由に角度変更をしましょう。

Step1:Canvaで「デザイン作成」

デザイン作成

Canvaのホームページに移動して、お持ちのGoogleアカウントでログインをしてから、テンプレートスペースの上方にある「デザイン作成」をクリックし、編集用の「キャンバス」の大きさを指定してください。

ここで注意したいのは、キャンバスの大きさは加工済みの出力画像に形式に相当することです。角度変更をした後の画像を完全に表示したいなら、入力画像の対角線の長さを上回る程度でキャンバスの寸法をお決めください。

Step2:アップロードして画像角度を変更

canva回転

すると、編集ページに入ります。画像を編集ページで「アップロード」のボタンをクリックしましょう。お持ちの画像をアップロードしてください。

キャンバスで画像をクリックしたら青い線の縁が出てきます。したの方にある角度変更のアイコンで、ドラッグして画像の角度を変更しましょう。

最後に、右上にある「ダウンロード」ボタンを使って画像を保存しましょう。

まとめ

Canvaを利用することで画像の調整をもっと自由に行えますが、登録とキャンバスサイズの設定など操作はちょっとややこしいです。90度ごとに画像の角度を変更したいなら、迷わずVance AI 画像回転を使いましょう。

画像をミラー加工して左右や上下でひっくり返す方法という記事を読んで、Vance AIで画像を反転する方法を見ましょう。