携帯のカメラで自撮りをするとき、シャッターを押す前にスクリーンに写った姿は保存された写真にある自分の様子とは左右が真っ逆さまになって、なかなか見慣れません。といった状況は誰でも会ったことがあるでしょう。Vance AI反転ツールを使えば、上下や左右の方向で簡単に画像をミラー加工することができます。

鏡像変換

一、鏡像でなければ見慣れない心理的な原因

生活の中で、一般的に鏡を通して自分の様子を見ます。こういうイメージは自身にとって馴染みの深いイメージです。自撮りをするときにスクリーンでプレビューできる自分の様子もミラー像そのものです。単純接触効果 (Mere-exposure effect)からして、人間は自分の鏡像イメージのほうが好きです。

しかし、鏡に映った自分は普通周りの人にとっては見られなくて、ミラー視点を持っているのが自分しかいないので、他の人はミラー像よりその逆のほうに慣れやすくて好みます。

Mere-Exposure-Effect

これは、人々が自撮りを好む理由を説明することもできます。自撮りはミラーの中の自分とは同じで、身近なイメージです。しかし、一部の携帯で自撮り��するとき、シャッターを押す前にスクリーンに写った姿は馴染みのあるミラー像ですが、写真として保存すると左右が真っ逆さまになってしまいます。

この場合、Vance AI反転ツールで自撮りなどの写真を左右でミラー加工しましょう。使用するのは完全無料です。ダウンロード、登録、ログインなど複雑な操作も一切要りません。

二、Vance AIで画像をミラー加工する方法

Step1:Vance AI反転のページに移動

Vance AI 反転ツールのページに移動し、ページの真ん中にある点線で囲まれるボックス間で画像をドラッグしてウェブページで開きましょう。

Step2:Vance AI反転のページで開く

すると、完全無料で利用可能な画像編集エディターが開きます。「反転」のセクションに移動して、左右か上下かを指定して画像をミラー加工しましょう。ミラー加工をした後、「保存」ボタンをクリックして画像をパソコンに保存しましょう。

Q&A

Q:画像ミラー加工はバッチで行えますか。

A:できません。今ではトリミング、リサイズ、回転、反転などの基本編集機能を載せている編集エディターはバッチ処理をサポートしていません。一枚ずつ処理しましょう。

Q:画像をサイトにアップロードするなら安全性はどう?

A:サーバーにアップロードされた画像はAES-256-GCMで暗号化されています。しかも如何なる第三者にも開示しません。安心でアップロードをしてください。また、アップロードを請求するのはAI機能のみです。サーバーを介する処理が必要不可欠なのです。

ミラー加工のような基本編集機能は画像をお持ちのブラウザで開かせることに過ぎません。実際にアップロードという過程が発生しないのです。

Q:ミラー加工など全部の機能は完全無料で利用できますか。

A:ミラー加工などの非AI機能は原則上完全無料で利用することができます。AI機能なら、サーバーと計算力が高く要求されるため有償です。が、毎月5枚の画像の無料利用をユーザーに提供しています。

画像カットの便利ツール―Vance AIで画像 切り取りという記事を読んでVance AIの無料ツールで画像をカットする方法を見ましょう。