一方、撮影のスタジオに行くのか、それともプロの道具を借りて自分で商品撮影するのかというような商品撮影 テクニックについての質問が多くあります。実は自宅でも優れた製品写真を撮影する簡単な方法があります(主には小物撮影です)。今日はこのトピックについて話したいと思います。

製品写真

商品撮影 テクニックその1:製品の特徴に注意を払う

黒い背景

製品写真の主役として、主に製品に対していろいろ工夫すべきです! 製品の特性に合わせて、撮影する際の位置、角度、商品撮影の方法を決める必要があります。色に関しては、製品が暗いまたは黒の場合、背景は白または明るいことが好ましいでしょう。その逆も同様です。黒の背景はプロ意識とタフさを見る人に与えます。多くの車や時計の広告では、男性の顧客を引き付けるために、黒の背景を使用しています。この商品撮影 テクニックをぜひ覚えといてください。

また、撮影対象物の位置や角度は、商品自体の特性に合わせて調整する必要があります。広告の効果をテストするために、プロの商品撮影による写真はアイボールトラッキングなどの手段を活用しています。広告を成功させるために、見る人に最初に気付かせるのは製品の特性であるべきです。なので、商品撮影をするときに商品の特徴を強調する必要があります。

オブジェクトの特性は見やすい場所に配置する必要があり、光が暗すぎないようにご注意ください。製品の特徴が集中しておらず、光が当たらない場合は、スズ箔や通常の家庭用鏡を使用してすべての特徴に光を反射させ、光をより均一にしましょう。最初は小物撮影から様々な配置をお試しください。

商品撮影 テクニックその2:商品撮影 照明に注意を払う

ライティング

屋外でも屋内でも、ポートレートでも風景でも、写真を撮るには光が必要です。良い写真は光をうまく使うべきであり、製品の写真もまったく同様です。製品が照らされている限り、商品撮影 ライティングは重要ではないと考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。商品撮影 照明や撮影の製品に注意を払わないと、影が乱雑になり、美感を失ってしまいます。製品の写真では、マルチアングル照明を使用して光のバランスを取り、適切な影を作成することに心掛ける必要があります。

白色以外の光で撮影する場合は、まずホワイトバランスを調整する必要があります。また、商品撮影 ライティングの強さは均一でなければならず、強い光がレンズに入るとレンズフレアが発生します。したがって、光の制御は非常に重要です。明るすぎたり暗すぎたりしないようにする必要があります。ライトチューブは連続光ではありませんので、使用しないでください。より速いシャッターを使用すると、ライトがちらつくことがあります。フラッシュまたはLEDライトの使用をおすすめします。

LEDライトは連続光であるため、遅いシャッターに調整することなく使用できます。

多くのオンラインフードインフルエンサーは、写真の照明としてすでにLEDを使用しています。

商品撮影 テクニックその3:商品撮影ツールを上手に活用

デジカメ

ウェブページに掲載すると写真が圧縮されるため、オンラインで表示する製品写真を作成する場合、商品撮影 カメラを選ぶにあたり、一眼レフカメラは必ずしも必要とはかぎりません。フラッシュホットシューズが付属しており、PASMモードをカスタマイズできるデジカメさえあれば、十分です。もちろん、より良い商品撮影の結果を作り出したい場合は、SLRを商品撮影 カメラとして使用するのが最適です。

一眼レフの場合、エントリーレベルで十分です! 24MPは多くのアマチュアの仕事にとっては性能が過剰です。レンズに関しては、135を例にとると、80-105mmで撮影したほうがいいです。APS-Cフォーマットを使用する場合、約60-80mmが理想的です。

商品撮影モードについて

カメラ設定

被写界深度の制御が最も簡単で、光の強さに応じて絞りを調整できるため、絞り優先モードの使用をお勧めします。通常の電気スタンドの光は直射なので、製品の受ける光をより均一にするために、バター紙を利用して商品撮影 ライティングを柔らかくする必要があります。過度のノイズを避け、製品の外観に影響を与えないために、感度も低いレベルに調整したほうがいいです。

自宅では常に電気スタンドを照明として使いますが、写真スタジオより光がはるかに弱いです。写真に詳しい人なら、光が足りないときは遅いシャッターを使う必要があることを知っているでしょう。また、撮影中の振動を防ぐために、商品撮影 カメラに安定した三脚を取り付けましょう。

ライトボックスを作る

ライトボックス

ライトボックスを作る主な理由は、製品の背景をきれいにして商品撮影 ライトを均一にするためです。マルチカラーの背景は、さまざまな色の硬い紙で作成できるため、製品のスタイルに変化をもたらすことができます。また、商品撮影 照明にもプラスです。ライトボックスの両面が透明なバター紙で覆われているため、製品に良い光を与えるだけでなく、光を柔らかくする役割も果たします。

必要な材料はフォームボード、2つのクリップライト、クリップ、A3ホワイトペーパー/白黒ボール紙、バターペーパー、粘着テープ、ナイフです。

まとめ

この記事は商品写真の撮り方とテクニックについて簡単に紹介しました。主には商品撮影 ライトを巡って説明しました。小物撮影にとっては実用性のある方法と思います。ご参照になっていただければと思います。

後処理をつ商品撮影 ライトを簡単に最適化させるなら、Vance AI 写真レタッチを使ってみてください。商品写真にある内容をスマートに認識して、ワンクリックで明るさを最適化させることができます。

露出補正と後処理を通じて暗い写真を明るくする方法という記事を読んで、商品撮影 カメラの露出補正の設定方法を詳しくご了解ください。