AIは今では広く私たちの生活に浸透しています。AIを使っているツールもあって、中には記事や小説なども自動的に作成できるようなものもあります。どのようなツールがあって、どんなものがおすすめか、以下で詳しく見ていきましょう。

1.ライティングのタイプ

記事や小説を自動作成するツールは、主に3つのタイプに分類できます。まずはコピーライティングです。ある文章をコピーして、単語や文節の順番を組み替えることで作成するツールです。2つ目はWeb記事です。Webサイトに掲載する記事を作成するツールになります。キーワードと構成案を設定すれば、記事を執筆するツールです。最後が文学創作です。AIがストーリーを考えて、文章を作成するツールになります。

2.AIで英語コンテンツを自動で作ってくれるツール4選

英語のコンテンツを作成するためには、本来それ相応の語学力が要求されます。しかし以下で紹介するツールは、AIが英語のコンテンツを自動的に作成してくれるので語学力に自信のない人には魅力的でしょう。

2-1.AI Writer

  • 料金:19ドル(基本プラン)・49ドル(標準プラン)
  • 対応言語:英語
  • 主な機能、特性:リサーチ機能・出典のリスト提供など

AI-writing

AI Writerは英語のコンテンツを自動的に作成してくれるツールです。これまでの記事制作にかかっていた時間と比較して、最大半減できます。AI Writerを利用すれば、2分程度で正確な記事を作成できます。SEOにも対応しているので、Web記事としても高品質のものを提供できます。

2-2.Rytr

  • 料金:25ドル
  • 対応言語:25以上
  • 主な機能、特性:文字生成・チャットやメールによるサポート・専任のアカウントマネージャーサービスなど

Rytr

Rytrは、3万以上のコピーライターやマーケターなどが愛用しているAIによる自動記事作成サービスです。25を超える言語で作成してくれるので、どのような言葉にも対応できます。内容についても柔軟に対応していて、広告のコピーやメールまでありとあらゆる文章を作成できます。最短数秒で自動作成できるので、作業効率性を大きく改善できる可能性が高いです。

2-3.Article Forge

  • 料金:57ドル(1カ月コース)・27ドル(年間利用)
  • 対応言語:7言語(英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語)
  • 主な機能、特性:記事作成・ブログの自動投稿・コピペ対策など

ArticleForge

Article Forgeはキーワードを入力して60秒待機するだけで、いろいろな言語の記事を自動的に作成します。ローカル記事からテクノロジー、ビジネスなど多ジャンルの記事作成に対応しています。AIを使って記事制作しますが、5年以上の研究の中で生まれています。数百万単位の記事をインプットしているので、高品質の記事ができるわけです。

2-4.wordai

  • 料金:57ドル(1ヶ月限定)・27ドル(毎年利用)
  • 対応言語:英語
  • 主な機能、特性:記事書き換え・HTML互換・API・コードビューなど

word.ai

wordaiは英語の文章を自動的に作成するツールで、記事制作にかかった時間を大幅に短縮することが期待できます。スペルや文法の間違いについても自動修正する機能もついているので、高品質の記事を提供できるわけです。HTMLやリッチテキストなどを使った編集もできるので、WEBに記事を掲載するときに重宝します。

3.AIで日本語のストーリー、小説を自動で創作してくれるツール3選

日本語で小説などを自動的に作成できるようなツールもちらほら出てきています。その中でもおすすめ3つについて、ここでは紹介します。

3-1.きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ

作家ですよ

AIの小説作成ツールの世界では日本で知名度があるといわれています。星新一さんの著作1000篇以上を解析しています。これまで作成された作品の中には、星新一賞の一次審査を通過したものもあるといわれています。ホームページ上の「成果」タブをクリックすれば、今までAIが作成した作品をチェックできるのでこちらを確認してみるといいでしょう。

3-2.官能小説自動生成ソフト七度文庫

官能小説

文字通り官能小説を自動的に作成するツールです。過去作成した作品の中には、エンターブレインゲームコンテストの第5回大会で伊集院光特別賞を受賞したこともあるほどです。オンラインとダウンロードの両方で使用できるようになっていて、いろいろな用途で使用できるでしょう。

3-3.タロットプロット

タロットプロット

タロットプロットは小説や漫画、脚本などいろいろなストーリー性のある作品の政策をサポートするツールです。こちらは厳密にいうと、AIは用いられていません。しかしJavaScriptとPHPを駆使して、キーワードをランダムにピックアップし、ネタだしできるのが魅力です。

4.日本語のWeb記事などを自動で書いてくれるツール3選

今では無数のサイトがインターネット上にあり、数えきれないだけの記事がその中に掲載されています。このWeb記事、今では自動で作成してくれるようなツールもあります。日本語のWeb記事を作成するのをサポートしてくれる、おすすめツールを3つピックアップしてみました。

4-1.Articoolo

Articoolo

Articooloは何単語かキーワードを指定すれば、自動的に文章の核になる部分を作成してくれます。どう記事を作成すればいいかわからないときのヒントになるでしょう。2~3のキーワードを入力すれば、文章を自動的に作成できます。その他にも、既存の文章を書き換えもできるのでリライトするときにも活用できるツールといえます。

4-2.Copy.ai

copy.ai

Copy.aiとはAIを使って、文章作成のアイデアを提案してその上で文章を組み立てることのできるツールです。完全に文章を作成はしてくれませんが、文章を作るうえで参考になるヒントを提示してくれます。英語だけでなく、日本語・スペイン語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・中国語・ロシア語・オランダ語・ポルトガル語・ポーランド語の11言語に対応しています。海外向けのWeb記事を制作したいと思った時にも重宝します。

4-3.自動要約ツール

自動要約ツール

自動要約ツールは文字通り、長文を簡潔に要約できるツールです。最大1万文字までの要約が可能です。LexRankという文章要約のアルゴリズムを使っています。3行と5行、10行の中からようやくのボリュームを任意で選択できます。対応言語についてはホームページでは説明されていません。しかし英語を入力しても問題なく要約できたので、日本語だけでなく英文を要約する際にも試してみるといいでしょう。

まとめ

記事を制作するにあたって、なにもアイデアが思い浮かばない、どうやって書き出せばいいかわからないと悩んだことはありませんか?上で紹介したツールを利用すれば、キーワードを入力するだけであとは自動的に文章を作成してくれます。AIだと意味の通る文章になるか、心もとなさを感じる人もいるでしょう。しかし今では文学賞の一次審査に通過したり、賞を獲得したりできるようなレベルの高い文章を作成できるツールも出てきています。文章作成の時間を短縮化したいと思っているのであれば、上で紹介したツールを使ってみるといいでしょう。