問い合わせ対応をしている人であれば「この質問、何度も来て大変だな」と思ったことがあるのではないでしょうか。例えば、「発送日を教えてください」という質問に個別に答えるのは、問合せ量が増えれば手間ですよね。

本記事では、問い合わせの数を減らすAIチャットボットについての解説と、劇的に作業量が減るAIツールをご紹介します。

チャットボットとは?

チャットボットとは

チャットボットとはチャット(会話)+ボット(ロボット)を組み合わせた言葉でその名の通り自動で応答するプログラムのことです。LINEのメッセージ機能やHPのチャットシステムなど、効率的な問い合わせ対応のために現在多くの企業が導入しています。

 

チャットボットの種類・利用シーン

チャットボットは利用シーンに合わせて次の4種類に分けられます。

選択肢タイプ

あらかじめいくつかの選択肢の中から、問い合わせ内容を選ぶタイプです。シナリオに沿って設定された回答しか用意していないため、LINEの問い合わせ機能でよくある質問への返答に使われています。

 

ログタイプ

大量の会話のログ(記録)から、文脈に近い自然な会話ができるタイプです。チャットボットにありがちな噛み合わなさを改善して、人間に近く親近感のわくコミュニケーションが可能です。特に、保険業界や人材業界等など幅広い業界が導入しています。

 

ハッシュタイプ

辞書内に登録されたテンプレートの中から会話を進めるタイプです。例えば、LINEの通訳がこれに当てはまります。ユーザーが任意の単語を入力すると、登録されている単語であれば対応する答えがかえってきます。

 

Elizaタイプ

チャットボットの起源である、Eliza(イライザ)から名づけられました。言葉の要約やリピートなどシンプルな機能のみで、主に医療現場や精神分析で使用されており、診断シミュレーションを行います。

 

チャットボットを使うメリット

チャットボットを使うメリット

チャットボットの導入には、コストや開発にかかる時間など大きなデメリットがあります。それにもかかわらず、多くの企業で採用されるチャットボット。いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

カスタマーサポート業務の人員削減

カスタマーサポート業務のために人を採用したり、外注する手もありますが、永続的に頼むとなるとコストがかかりますよね。チャットボットであれば、初期費用10万円、月額5万円から始められるサービスもあるので、比較的安価で導入しやすいのではないでしょうか。

 

効率的なFAQへの回答

何度も繰り返し同じ質問に回答するのはストレスですよね。そこでロボットの登場です。充実したFAQをあらかじめ設定するだけで、あとはチャットボットが自動で回答してくれます。

 

時間や日にちを問わずに対応が可能

企業の営業時間外にきた問い合わせにも迅速に応えられます。深夜や休日にしか連絡を取ることができないユーザーに配慮できるので、顧客の離脱率を防ぐこともできます。

 

チャット履歴をビジネスに利用できる

チャットボットで行われたやりとりを分析して、見込み客や離れた顧客に対するマーケティング戦略へつなげられます。

 

AIベースの画像編集ソフトーーVanceAI

AIができることは日々進化しています。VanceAIは、AIを活用したオンライン画像加工サービスを提供しています。

VanceAI画像拡大

VanceAI画像拡大

小さな画像を、画質を落とすことなく綺麗に拡大したいならVanceAI画像拡大がおすすめです。画像の内容と特徴に応じてピクセルを変更しながら、最大8倍まで拡大が可能!趣味やビジネスで高画質な画像を使用したい方へ。

 

VanceAI画像鮮明化

VanceAI画像鮮明化

ピンボケやぼやけた写真にお困りであれば、VanceAI画像鮮明化がおすすめです。自動でピンボケ補正・モーションブラーを修正してくれるので、どんな写真も鮮明にはっきりした写真に仕上げてくれます。

 

まとめ

チャットボットやVanceAIなどのAIツールを使用すれば、低コストで高パフォーマンスな業務が可能になります。上手に活用して、効率性・生産性をあげましょう!

Akaru
Akaru
「ググればなんとかなる」という言葉に非常に共感するアカルです。まとめた情報がお役に立てば幸いです。