「パスポート申請用の写真。お店に頼むとお金がかかるし、できるだけ節約したい」

「自分の納得がいく証明書写真を自作したい」

こんなお悩みを持つ人に朗報。実は、お手持ちのデバイス(スマホやパソコン)を使って証明写真を自作できるツールがあるんです!

写真は自撮りして背景なども加工できるので、写真屋まで足を運んでお金を払って・・いった面倒なプロセスを全て飛ばすことが可能。

今回は、まずは証明写真の規格サイズをおさらいしてから、証明写真を自作できる便利ツールの使い方を紹介していきます。

証明写真の主要規格サイズ

pexels-jeshootscom-442573

証明写真のサイズは厳格に定められており、規格から少しでも外れると再提出・・なんてこともあるので、自作の前に十分にチェックしておく必要があります。

主要な規格サイズをここでおさらいしていきましょう。

「履歴書」用写真のサイズ

获得工作面试的女人

<一般的なサイズ>

縦4センチ×横3センチ

<注意事項>

・服装:スーツやオフィスカジュアルなど、綺麗めの格好で。髪は目と耳を隠さないように

・背景:白、青、またはグレー

・提出先によって規格が異なる場合があるので、特別な規定がないか要確認

「運転免許証更新用」証明写真のサイズ

英国驾驶执照

<一般的なサイズ>

縦3センチ×横2.4センチ

<注意事項>

・服装:帽子は被らず、顔がはっきりとわかるように

・背景:グレー、ブラウン、または青

・写真のフチは枠線なし

・申請時より6ヶ月以内に作成

・サイズは厳格に定められているので、必ず守りましょう

・都道府県によって規定が異なる場合があるので、念の為地域ルールを確認

「パスポート申請用」証明写真

<一般的なサイズ>

縦4.5センチ×横3.5センチ

<注意事項>

・服装:帽子は被らず、顔がはっきりとわかるように

・写真のフチは枠線なし

・申請時より6ヶ月以内に作成

・サイズは厳格に定められているので、必ず守りましょう

・目の周りにまつ毛エクステやマスク、メガネなどの影が入らないように注意

※詳しくは外務省発表の「旅券用写真についてのお知らせ」を参照

超便利!AIパスポートメーカーの使い方

パスポートメーカー HP

証明写真が自作できる便利ツール「VanceAI パスポート写真メーカー」の使い方をご紹介。AIを使って写真加工や背景透過までできるので、写真館で撮影した写真と遜色ない仕上がりになります。

手順① 画像をアップロード

パスポート 写真選択

まずはパスポート写真作成のトップ画面から、自分の写真をアップロード。スマホの自撮りでOKです。画面上の「画像を選択」ボタンをクリックしてアップロードしましょう。

このとき、各証明写真の規定にあった服装になっているか事前にチェックしましょう。また、顔は基本的には正面を向いている必要があります。

できれば自然光のある時間帯に撮影した方が顔の印象が明るくなります。

スマホだと何回でも取り直しができるので、満足のいく写真が撮れるまでトライしてみて。

※アップロードできる写真フォーマット:jpg, png, jepg 、アップロードできる最大サイズ:2.8メガピクセル、ファイルサイズ制限:5MG

手順② 画像をトリミング・編集

証明写真 トリミング

アップロードした写真は自動的に背景が透過されます。

画像の編集画面になりますので、

・画像拡大調整

・背景設定

・サイズ設定

・回転

等で調整をして、自分が納得のいく仕上がりになるまで編集をします。

手順③ 画像をダウンロード・印刷

証明写真 印刷

画像編集ができたら「完成」をクリック。すると、画像のダウンロード画面が現れます。

複数印刷か単一印刷を選ぶことができます。

写真用の印刷用紙があればご自宅で印刷可能。なければ、コンビニ等でも印刷することもできます。

まとめ

急に必要になることもある証明写真。家で証明写真を自作することができれば、時間とお金の節約に。今回紹介したツールを使って、ぜひ挑戦してみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?