Vance_AI_シャーペン

 

シャープネス(sharpness)は画像や写真の全体の性格に大きい影響を持っています。それが弱いなら、画像は柔らかい感じを見る人に持たせやすいです。画像をシャーペン(画像 鮮明化)させれば、もっとインパクトがあり、伝わる個性や主旨がもっと鮮明です。

なので、画像をシャーペンさせるのは常に必要です。普通はそれを上手く対応するためにPhotoshopを使って手間をかけなければならないです。

人工知能(AI)の画像解析の技術を利用して画像や写真のシャープネスをより正確的に、より簡単に調整する画像加工ソフトの「Vance AI Image Enhancer」が登場した後、Photoshopの補充になるとは言えます。また、そのオンラインの「Vance AI Image Enlarger」を利用してもワンクリックで画像のシャープネスを増強できます。

 

なぜ画像や写真をシャーペンさせますか?

 

前文の言った原因も含めて以下などの場合で調整する必要があるでしょう:

1. 画像をのっぺりさせたりくっきりさせたりすることでスタイルを変更します。

2. 撮影する際の手振れやピンボケがあるので撮った写真を補正します。

3. 画像や写真が加工、圧縮、形式変換による画質の低下に対応します。

 

Photoshopで画像をどうシャーペンさせますか?

画像をシャーペンさせるために、Photoshopはユーザーに色々な画像ツール、フィルター、マスクを提供しています。その中、「アンシャープマスク」と「スマートシャープ」という二つのツールは一番役立つツールと見られます。

ここで両者の使い方と肝心な概念を抜粋的に紹介したいです。使用のロジックを理解した上、実例で少し練習すれば、これらのツールを活用できるようになると思います。

 

1.Photoshop アンシャープマスク

Photoshopで「フィルター」>「シャープ」>「アンシャープマスク」の順、このツールを開きます。ウィンドウには、プレビューのセクションと三つのパラメータがあります。

量:エッジ附近の明暗のコントラストを指します。スライダーで数値を大きくするほど、エッジと輪郭部分の明るい所がより明るくなり、暗い所がより暗くなります。写真や画像がよりくっきりするようになります。

半径:エッジの周囲にどれぐらいの範囲で適用しますかを指します。スライダーで数値を大きくするほど、エッジのそばにコントラストの変化する幅が大きくなり、関わるピクセルが多くなります。

しきい値:何がエッジ、輪郭かを判断します。画像を構成する各ピクセルの間、色調値の差があります。隣接のピクセルに色調値の差が大きいほど、エッジ感が出やすいです。しきい値を大きくすれば、この差の大きい隣接のピクセルをエッジと認定するようになります。極端の例として、しきい値をゼロにする場合、画像にある全てのピクセルはエッジとされるようになります。

 

2.Photoshop スマートシャープ

Photoshopで「フィルター」>「シャープ」>「スマートシャープ」の順、このツールを開きます。同じように、プレビューのセクションと四つのパラメータが出てきます。前の二つのパラメータは「アンシャープマスク」と同じ意味合いをもっています。

スマートシャープ

量:エッジや輪郭の所でコントラストを増やす程度です。

半径:エッジや輪郭の附近でシャープを増加する幅や範囲。

ノイズを軽減:写真や画像にあるノイズをどれほど軽減するかを指します。この機能でさらに画像 高画質化をすることができます。ノイズのあるピクセルはPhotoshopのAIによって自動的に判断されます。

除去:この機能で画像をシャーペンさせるアルゴリズムを指定できます。通常なら、デフォルトの「ぼかし(レンズ)」のままでいいです。

「ぼかし(移動)」にすれば、カメラや被写体の移動によるぼかしを効果的に除去できます。Photoshop     ピイボケ 補正と手ぶれ補正には大いに効けます。

 

3.「アンシャープマスク」と「スマートシャープ」の違い

Photoshop アンシャープマスクとスマートシャープの両者とも画像や写真 シャープを改善できるなら、どんな差がありますか?どう選べばいいですか?両者は主に三つの相違点があります。

(1) アンシャープマスクは主にしきい値のアルゴリズムに基づくphotoshop シャープを調整するモードで、スマートシャープは除去のオプションで画像や写真 シャープを調整するアルゴリズムを選択可能です。

(2) スマートシャープはAIで自動的に画像や写真のディテールを識別することできて、ぼかし除去の機能と相まって画像をシャーペンさせる同時に、より自然な結果を生成することができます。

(3) アンシャープマスクでしきい値を手動で細かに調整できるので、シャープネスを増やす際、全体的に制御のレベルが高いです。

 

Vance AI Image Enhancerで画像をシャーペンさせる方法

Vance AIを使えば、より少ないパラメータで、効果に対するより少ない忖度で、最適なシャープの度合いを達成して高画質を実現できます。Photoshopほど諸概念を深く理解しなくても画像を上手くシャーペンさせることができます。では、その方法を見ていきましょう。

 

Step1 :インストーレーション

公式サイトからインストーレーションのプログラムをダウンロードしてソフトをインストールします。起動するとメイン画面の右上にあるメニューを開いて「設定」(Settings)から表示言語を日本語に切り替えてください。

Vance AIインストレーション

Vance AIメニュー

 

Step2 :画像を導入

ドラッグドロップの方法でシャーペンさせたい画像を取り込んでください。そして右側に機能パネルが出てきます。

複数の画像を取り込めば、数字2のエリアで表示されます。ただ、一枚ずづ処理しなければなりません。数字1の所で調整の具合をプレビューできます。

Vance AIでシャープネス調整パネルの解説

 

シャープネスの調整を済ませた後、右下の「保存」をクリックして、新しいウインドウが出てきます。そこで、出力品質と形式をお選びください。

 

Step3 :画像のシャープネスを調整

Vance AI 機能インターフェイス2

「Remove Blur」(ぼかし除去)機能(上図の数字3)のセクションでぼかし除去の度合いを決めます。数値を高くするほど、シャープ度は高くなります。

「Supress Noise」(ノイズ抑制)の機能(上図の数字3)を使ってノイズを除去することで、シャープネスを軽減させることもできます。

輝度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)、コントラストの基本パラメータ(上図の数字4)でさらに調整をします。

以上の手順によってシャープネスを調整することで、画像 高画質化を実現できます。

 

Step4:画像拡大の機能でディテールを付け加える

前で紹介したソフトの機能を使って画像のシャープネスをなかなか高められない場合、画像のディテールが足りないことは根本の原因かもしれません。その時、画像の拡大の機能を使って画像の大きさを最初に上げてください。

方法1
ソフト内でScale(サイズ変更)のセクションで拡大の倍数を選び、画像を加工します。

方法2
ホームページに移動してVance AI Image Enlarger、オンラインの拡大ツールの所で画像をアップロードして画像を処理します。

 

Q&A:

Q:Vance AI Image EnhancerはLightroomとPhotoshopと比べてどんなメリットがありますか。

A:Vance AIは後者より強い所はユーザー向けのパラメータの設置です。つまり、画像処理にけるユーザーの理解しやいパラメータ、およびユーザーの感覚上で施すべき度合いを反映する数値によって、AIは画像解析の技術を利用してスマートにシャーペンなどの加工を行います。なので、使いやすいです。

後者の二製品はプログラム向けのパラメータの設置です。ユーザーはある機能を実現するためにプログラムはどう動作するか最初に勉強しなければなりません。パラメータの諸概念と具体的に画像をどう影響しするかを学習したり模索したりするには、時間と手間がかかります。

勿論、Vance AIのより少ないパラメータの設置もこの理念によるところが多いです。ユーザー向けのパラメータの設置はこれから人工知能の時代においてのトレンドとなります。

 

サマリー

Vance AI Image Enhancerはという画像を便利にシャーペンさせる次世代の画像加工のソフトはちょっと奥深いPhotoshopの代用ソフトとして皆さんにおすすめしたいです。処理した画像をパソコンでプレビューする時、画像 シャープはモニター シャープネスとは関係あるので、できるだけ表示効果の良いモニターでプレビューしましょう。

画像サイズ変更の関連ツールをベスト画像 リサイズツールの記事でご了解ください。