「念願のECサイトで、こだわりの商品をできるだけ多くの人に手に取ってもらいたい!」

「フリマサイトで、もっと高値で効率的に売りたい」

最近は、個人でも商品を売りやすい時代。あなたもこんな悩みを一度は持ったことがあるのではないでしょうか。

今回は、商品を売る際に非常に重要な商品画像の撮影のコツと、画像をより魅力的に見せる便利Webツールを紹介します!

売れる商品画像の共通点とは?

まずはオンラインショップ上で「売れやすい商品」の画像の共通点を紹介していきます。ポイントを抑えるだけで、消費者の目を引く確率がグッと上がります。

アピールポイントが伝わる

商品 アピールポイント

どの商品にも、「ここがポイント!」というアピールポイントがあるはず。アピールポイントがわかりやすい画像にすることで、消費者の目にも止まりやすくなります。

例えば、

・デザインにこだわった部分(服やバック、靴など)

・スペックがいい部分(電子機器など)

・機能性に優れた部分(よく使う身の回りのもの)

など、「ここは絶対知ってほしい!」というポイントが伝わりやすい画像を心がけましょう。また、文字を入れて伝わりやすくするのも工夫の一つですね。

サイズ感や質感が伝わる

商品 サイズ感

消費者が購入の決断に至るには、「使っているイメージが浮かぶ」ことが重要になります。逆に、「こんなの使う場面無いよな・・」と思われてしまうとアウト。

自分が使用しているイメージを抱くには、サイズ感や質感が伝わることが重要なポイントになります。具体的に伝わると、商品が生活に溶け込んでいるイメージがしやすくなるのです。

例えばバックなら、実際にモデルが持つことでサイズ感が伝わりやすくなります。

こだわりの革の質感を伝えたい場合は、クローズアップした写真で素材の質感をわかりやすく伝えることも。

商品をわかりやすく伝えるためにも、画像の構図や遠近感を意識してみましょう。

背景は白など、できるだけシンプルに

商品 画像 背景 白

商品画像は、言わずもがなですが「これが商品!」とわかる画像が理想的です。周りにゴチャゴチャと関係のないものが写っていると、商品が目立たないわかりづらい画像に。

基本的には背景は白で、商品がはっきりとわかるシンプルな画像にしましょう。これから紹介するツールで画像の背景加工も可能ですよ。

すぐ使える!効率的に画像加工ができるWebツール

商品画像 背景

ここでは、商品画像をカンタンに魅力的にできるツールを紹介!便利ツールを使って効率的に加工しましょう。

高画質化で魅力的に!| VanceAI 画像拡大

商品写真

どんなにいい商品でも、商品画像の画質が荒くては魅力も半減してしまいます。

画像を高画質化できるWebアプリVanceAI画像拡大を使えば、難しい作業は一切なし。一瞬で高画質化が可能です。

特に商品の質感をアピールしたいときは、高画質にすることでリアルな質感を伝えることができます。

背景や不要なモノを削除!| removebg

商品写真

画像背景の削除(透過)に特化したツール。AIが自動で読み取って背景画像をシンプルにしてくれるので、面倒な作業は一切ありません。初心者にもおすすめのツールです。

無料でトライアルできるので、まずはお試しで一回トライしてみては。

写真を組み合わせる| フォトコンバイン

商品写真

メインの商品画像を、複数の写真を組み合わせて作りたい・・

そんな場合に役立つツール。文字入れも可能なので、商品のアピールポイントを上手に挿入すれば広告効果大の魅力的な画像に。

これがあれば安心!一括編集| ZenFotomatic

商品写真

画像の切り抜きや背景除去・色彩補正など、あらゆる加工画像機能がセットになったツール。モバイルアプリがあるのも魅力です。

とにかく簡単に加工を終わらしたい方は、VanceAI画像拡大で高画質にした後にこちらで加工すればサクッと完了します。

まとめ

商品販促には欠かせない、魅力的な商品画像。今回紹介したポイントを意識しつつ、ツールの力を借りることで個人でも十分素敵な画像を作ることができます。

商品をもっと魅力的に見せたい人はぜひ試してみてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?