新しいワークフローで写真編集を簡素化する方法

ここでは、この新しい機能の使い方を、夜景写真を例に説明します。

ステップ 1: Vance AI 写真レタッチに写真をアップロードする

処理したい写真をドラッグしてアップロードし、編集を開始します。

ワークフローStep1

ステップ 2: その他のAI 機能を追加する

ワークフローStep2

「+」ボタンをクリックしてボックスを表示し、ボックスの下矢印をクリックして必要な AI 機能を選択します。

ステップ 3: ワンクリックで写真を処理

ワークフローstep3

「処理を開始」をクリックして処理を開始します。

注: ワークフロー機能を使用すると、無料で3つのステップを追加できます。プロアカウントなら最大5つのステップにアップグレードできます。

ステップ 4: 結果を保存する

「処理済みの画像」をクリックして画像を見つけます。ダウンロードアイコンをクリックして画像を保存できます。 必要に応じて、最初に画像をプレビューすることもできます。

ステップ 5: 次の使用のためにワークフローを保存する

ワークフローstep5

次に使用するためにプロセスに使ったステップを保存する場合は、[ワークフローとして保存] をクリックして名前を入力し、ワークフローに追加します。 次回、同じ手順で画像を処理したい場合は、このワークフローを選択してワンクリックで画像を処理できます。

 

新しいワークフローの写真例

face

夜景古い写真

よくある質問

新しいワークフローで何ができますか?

新しいワークフローを使用して、1 つのステップで複数の AI 機能を使用して写真を処理できます。たとえば、古い白黒写真をカラー化し、さらにノイズ除去と拡大を 1 ステップで行うことができます。また、使ったAI機能を記録して保存し、次に使用することもできます。

新しいワークフローの最後のステップは何ですか?

画像拡大ツールと背景リムーバーは、新しいワークフローの最後のステップである必要があります。一方で、拡大した画像に他のAI機能を追加し処理を続けると、算力への要求が膨らみ、タスクが失敗しやすくなります。それに加え、この2つを他の機能より先に使用すると、最高の画質がもらえないかもしれません。

1 つのワークフローにいくつのステップを追加できますか?

3つのステップを無料で追加できます。さらに追加したい場合は、5つのステップを追加できるProアカウントにアップグレードしましょう。

ワークフローでサンプルを使用できますか?

はい、できます。ワークフローのサンプルがいくつかあります。好きなものを選んで編集を開始できます。

 

結論

1つのAI機能だけで処理された写真は、通常、完璧な写真とは言えません。ただし、さまざまな AI機能で写真を処理することは、アップロード、処理、ダウンロードを繰り返すことを意味し、大量の写真を処理するときになると時間がかかり、作業の連続性が悪いです。

この新しいカスタマイズ可能なワークフローシステムにより、プロセスのステップをカスタマイズし、次回の使用のために編集レコードを保存できるため、写真編集が簡素化されます。

合わせて読む:Vance AIで任意の大きさの画像をYouTube ヘッダーに作成