文書などを作成したときに訳の分からない文章になる、いわゆる文字化けの苦い経験はありませんか?文字化けを起こすとまた最初からやり直しとがっかりしたこともあるでしょう。しかし文字化けを変換できるツールがいくつかあります。その中でもおすすめのツールについて紹介しましょう。

一、文字化けとは何か?どんな時に起きるの?

ちゃんと入力しているにもかかわらず、意味不明な中国語のような文字になってしまうのを文字化けといいます。私たちがパソコンなどに打ち込む文字は「0」もしくは「1」の組み合わせである文字コードの割り当てで表示されます。文字コードから文字に変換するにあたってトラブルが起きると、文字化けになってしまいます。特に半角カタカナを入力した場合に起こりやすいといわれています。

そのほかにも文字コードの組み合わせによって、文字化けの起こりやすいケースもあります。ネット上では「UTF-8」がよく使われています。ところが日本では「Shift_JIS」というコードが普及しています。UTF-8からShift_JISに変換する際に文字化けが発生しやすいといわれています。ネット上の文章をコピペして、自分のパソコンに貼り付けると文字化けが起こりやすいので注意しましょう。

二、文字化け 変換ツール6選

文字化けを起こしたとしても変換できるツールがいろいろと出てきています。ここでは個人的におすすめしたい文字化け変換のツールを6つピックアップしてみました。

1.エンコードマニアックス

エンコードマニアックス

エンコードマニアックスは無料で文字化けを変換してくれるツールです。エンコードマニアックスがおすすめなのは文字化け対策以外にも、いろいろな機能が搭載されている点です。エンコードやでコード、ハッシュ値の作成にも対応しています。文字列を入力して「エンコード/デコード」をクリックするだけです。

2.ぺんたんinfo

ぺんたんinfo

ぺんたんinfoも文字化けを変換できるツールです。文字化けした文字列を入力すると、元の文字を予測して自動的に変換してくれます。「URLエンコードした」など指定して変換する方法もあれば、ぺんたんinfoのほうで自動判別してもらう方式のいずれにも対応しています。ただし一部文字コードについて文字の欠損が多くて変換できない場合もあるのであらかじめ留意してください。

3.文字化け解决支援

文字化け解決支援

文字化け解決支援も文字通り、元通りに文字化けを直すツールです。文章列を「内容」というところに入力して「調査」をクリックするだけです。もし元の文字コードと誤って表示されたコードがわかっていれば、それを指定して文字化けを直す機能も付いています。

4.文字化けの復元ツール

文字化け復元ツール

文字化けの復元ツールも文字通り、文字化けを変換するためのツールになります。文字化けを起こしてしまった文章を「ここに文字を入れてください」というところにコピペしてください。そして「文字化けを復元!」というところをクリックすれば、文章が復元されるはずです。

文章の状態で100%復元する保証はできませんが、大体6~8割程度の確率で文字化けを直すことができるといいます。ただし環境依存文字のように「?」マークに変換されてしまった場合、文字化けを直すことができません。元情報が失われてしまっているからです。

5.文字化けテスター

文字化けテスター

文字化けテスターは文字化けを直すだけでなく、意図的に文字化けを発生させることもできるツールです。文字化けの起きた文章を「文字化け後文字列」というところにコピペします。そして「文字化け復元!」というところをクリックすれば、元に戻るでしょう。

普通の文字列を「元の文字列」にコピペして「文字化け↓」をクリックして文字化けさせ、先に紹介した機能を使って元に戻すことも可能です。文章が長くなればなるほど復元が難しくなるようなので、長文ならいくつかに区切ってコピペするのがおすすめです。

6.テキスト処理ツール

テキスト処理ツール

テキスト処理ツールで文字化けを直す方法も簡単です。「変換対象のテキスト」というところに文字化けした文章をコピペします。そして「変換」ボタンをクリックすれば、元の文字列に文字化けを直すことができます。複数の文字コードが含まれている場合でも一括して変換できるようになっています。ですからエンコーディングなどを気にせずに使用できるので、専門知識を持たない初心者でも気軽に利用できると思います。

まとめ

自分ではきちんと入力したつもりなのに、意味不明な文章になってしまうと「なぜ?」と思うでしょう。これはいろいろとある文字コードの中でも異なる組み合わせでコピペするなどして起こると考えられています。

しかし今は元の文字コードをベースに何が書かれていたか推測できるソフトも出てきています。上で紹介したツールは無料で利用できますし、ブラウザ上で文字化けを直すことができるのでお手軽です。今後もし文字化けが起きたら、ここで紹介したツールを中心に文字化け変換をしてみませんか?
 

この記事は役に立ちましたか?