AI背景透過

背景透過とその目的とは?

ざっくりと理解しますと背景透過の画像はガラスの上に描いたような画像です。その背景はまったく透明の状態です。ほかの画像の上に置けば、その画像は背景透過の画像の新しい背景となります。背景の不透明の画像とは、紙や石板に描いたような画像です。それをほかの画像の上に置けば、下の画像を完全に見えない状態となります。

画像一枚を手に入れると、中の主要の内容だけを残して二次加工の素材として使おうとするなら、背景透過の作業は不可欠です。「背景透過」というのは画像の背景を議論の対象とする立場で使われている言葉です。それに対して、残したい画像の内容の立場から言うと、「画像の切り抜き」という作業となります。二つの概念の内包は同じです。

完璧な背景透過の作業を実現するために、いくつかの要点と難点があると思います。

 

完璧な背景透過のキーポイント

背景透過の完璧さを判断するスタンダードは一言で説明できると思います。つまり、画像に載っている目標の内容は背景ときれいに分離できるかどうかによって決まります。きれいな分離の特徴は以下のように纏められると思います。

1、目標内容だけが完全に残ります。余計な内容をまったく残さない同時に、目標自体の画像領域にも傷つけないことです。
2、残した目標内容の輪郭線はカーブが自然で、硬くて太い境界線の感じは出ないことです。特に、形の不規則なものです。
3、立体感のある内容の平面っぽくしないことです。切り抜いた内容は元々の背景のコンテクスから離れると、立体感を失って単調になりやすいです。きれいな背景透過は目標内容の陰影を保つことや、輪郭の所に過渡的な縁を作ることで、その立体感を維持できます。
4、目標内容は背景の色と近くても、他の被写体と緊密的に重なっていても、その輪郭をはっきり判断し、背景など無関係な画像内容を透過させることができるということです。

完璧な画像を作りたいなら、画像 高画質化のできるVance  AI Image Enhancerを今すぐ理解しましょう。

 

背景透過の常用のツールの原理とは?

背景透過のツールをネット上で検索すれば、オンラインサービス、スマホンアプリ、無料や有料ソフト製品などがたくさんあります。しかし、各ツールや手段は原理の面から考えると、大体は五つのモードは纏められると思います。

 

モード1:類似の色で背景透過

画像にあるどんな色の内容を透過させるかとして理解すればいいです。同じ色、或いは色の似た部分は簡単に透明化できます。このモードは常にユーザーに「色の許容値」で透過しようとする色の類似程度を決めてもらいます。

適用画像:背景など不要な内容の色は高い類似程度を示す画像

一つの例で説明:背景は真っ白な画像、或いはグレーっぽくの白さを背景とする画像。白を透過の色と設定すれば、白い背景はなくなります。グレーの背景が残る場合、白を透過の色と設定したあと、少し許容値を高めば、白と似るグレーの内容も透過できます。

 

モード2:類似の明度で背景透過

モード1と同じように、画像にあるどんな明度の内容を透過させるかとして理解すればいいです。普通は明度の大きい内容を残して低いのを透明化させます。「明度の許容値」を使って明度の類似程度を決定できます。

適用画像:明度の差が明らかに着いた写真や画像です。

一つの例で説明:空にある太陽の写真を撮って空の背景を透過させるなら、太陽の明度を基準に目標の画像内容を保留すればいいです。すると、空の背景は自動的に透明化となります。

 

モード3:境界線を描いて背景透過

このモードは精度の最も高い背景透過の方法です、「切り抜き」作業とも呼ばれます。機械あるいは手動で、目標内容の輪郭で境界線を描くことで、切り抜きしたい内容を抜き出して背景を透過させます。

適用画像:全ての画像に適用できる精度の高い方法です。

一つの例で説明:PS、Photoscissors。

マイナスな点:機械にせよ、手動にせよ、自然の輪郭を作るのは容易ではないです。

 

モード4:人工知能(AI)で自動的に背景透過

後文で展開します。

 

モード5:各モードを統合して背景透過

以上の四つのモードを総合的に活用してユーザーに高い自由度と正確さで背景透過をしてもらいます。その代表の例はPhotoshopです。

Vance AI Image Enlargerで背景透過した画像に対して更に画像拡大を気軽にしましょう。

 

人工知能(AI)での背景透過とは?

Photoshopというツールは強力でありながら、あまりにもプロなので、一般のユーザーには友好ではないと思います。それでは、正確さと簡単さを兼ねることができる方法はAIに基づいた背景透過のツールしか残りません。

ニューラルネットワークと深層学習のAI技術を通じて画像にある全ての物体と背景を正確的に識別できます。そして両者を綺麗に分離することができます。しかも下記などのメリットがあります。

1. 処理のスピードが速いです。
2. 目標内容のみを完全に残します。
3. 境界線はきれいで自然です。
4. 目標内容の陰影や輪郭の奥行き感、遠近感を保持できます。
5. ワンクリックで実現できます。使い方はすごい簡単です。

更に、画像 高画質化をするなら、Vance AI Image Enhancerをダウンロードして、今すぐ画像や写真を仕上げましょう。


Q&A

Q: 透過画像はなぜ常にPNGの形式として保存されますか?
A: 画像加工や編集のソフトやツールで背景を不要にするために、PNGとして出力する必要があります。たとえJPGやJPEGの形式として出力すれば、キャンバスも背景として画像とともに出力されます。

Q: Vance AIはAI背景透過の機能を持っていますか?
A: 技術面ではすでに整備されています。関連機能は間もなくファンとユーザーの皆様に公開する予定です。

 

まとめ

AIで背景透過をするのは今後のトレンドとなるに間違いない気がします。その利便性と精度は他のツールと比べられない存在だと思います。

Vance AIできれいに画像サイズを拡大する方法を詳しく了解しましょう。