ニューラルネットワーク(Neural Network)のAI技術を活用することで、これらのツールは人物などの被写体の特徴を正確に捉えてから抽象化させ、様々なスタイルのイラストまで変換することができます。例えば、アニメ顔、線画、油絵など枚挙にいとまがないです。

この記事は写真のアニメ化を始めとする写真 イラスト化のツールを10選まとめています。さっそく見ていきましょう。

 

目玉AI製品おすすめ!Vance AI 画像拡大

Vance AI 画像拡大を使えば、イラスト化されたアニメ風の写真を高画質にリサイズすることができます。AIの仕組みを活用することで、元々の画像を8倍拡大しても、ぼやけることは全く発生しないのです。

お気に入りのアニメキャラをバナー、ポスターにまで拡大することができます。AIが画像の特徴や個性に応じて、完全自動でスマートに画像に新しい画素を付け加えることができるため、画像を大幅に引き伸ばしても画質を保つことができます。

Vance AI 画像拡大

ノイズ抑制、ぼかし除去などAIによる付加機能を画像 サイズ 拡大のツールとともに使用することで、入力の画像自体の欠点を補って、より一層きれいに加工することができます。拡大しようとする画像や写真が手元に多くあっても、バッチ処理の機能で素早く対応できます。

 

Part1:アニメ風へ写真をイラスト化できるWebツール

 

1. Toongineer 写真 漫画化

動作環境:Webツール

料金:無料で利用可能

Toongineer漫画化

Toongineer 写真 漫画化は写真を漫画風のイラストに変換させることができるWebツールです。顔写真だけではなく、色んな写真を漫画風のイラストに変えることができます。写真の一部のみを変換できるWebツールと比べ、Toongineer Cartoonizerはすべてのディテールに対して良い変換効果を遂げることができます。出力のスタイルというと、日系のアニメスタイルより、カートゥーン風やアメコミのスタイルに近いです。無料で利用可能なので、ぜひお試しください。

 

2. Vance AI 線画抽出Petalicaでイラスト化

もしあなたはもっと日本アニメのスタイルへ写真をイラスト化させようとするなら、Vance AI 線画抽出とPetalicaという二つのAIツールを一緒に使いうのはおすすめです。Vance AI 線画抽出は写真から顔部分をアニメ化の白黒線画へと自然に変換できます。Petalicaは手描きの線画やスケッチを自動で彩色させることができます。

まずはVance AI 線画抽出の製品ページ開き、提示のとおりに写真をアップロードします。「顔だけを変換」を選び、開始ボタンをクリックすればいいです。Vance AI 線画抽出はニューラルネットワークのAI技術を利用して、顔つきの特性を正確に把握できます。

Vance AI 線画抽出

そして、変換後の写真をPetalicaにアップロードします。すると、あっという間に彩色されたイラストまで変換されます。色合いに満足しないなら、ワンクリックで特定領域の色を変えることもできます。

Petalica彩色

これで、完璧な写真イラスト化が実現しました。

 

3. selfie2anime

動作環境:Webツール

料金:無料

selfie2anime

写真をアニメ風に変換してイラスト化できる無料のウェブサイトとして、selfie2animeで良い結果をもらうために、顔部分のはっきりしている写真をアップロードしたほうがいいです。後で、ウェブサイトが自動的に写真をアニメ風の似顔絵画像に変更することができます。

自撮りなどの写真をアップロードした後、顔に焦点を合わせるために、ウェブサイトは更にクロップしてもらいます。これにより、より良い変換の結果を得られます。結果は直接的にページで生成されません。

アップロードとクロップをした後、メールアドレス入力の所に来ます。約1分後、ウェブサイトは処理された写真をお使いのメールアドレスに送信します。


4. Selfie 2 Waifu

動作環境:ウェブページ

料金:無料

Selfie 2 Waifu

上のウェブサイトと同様に、はっきりとした顔写真をアップロードするだけで、このサイトは10秒内にアニメ風のイラストを生成します。メールボックスの記入とトリミングの作業などは一切しません。

面白いのは、イラスト化されたアニメ風の写真は他のアニメ風の写真をPKできます。つまり、結果を比較して評価するということです。他のユーザーがウェブサイトで生成されたアニメ風の写真がイラスト化された前の様子も確認できます。


5. UGATIT

動作環境:ウェブページ

料金:有償

UGATIT

このオンラインで写真をアニメ風のイラストにすることのできるウェブサイトは元々、Githubにあるオープンソースのプロジェクトです。上のウェブサイトと同様に、ユーザーは自撮りや顔写真をアップロードするだけで、このサイトは数秒の処理後にウェブページ上でアニメ風のアバター、イラストを生成します。

このサイトのUIデザインは非常にシンプルで理解しやすくて、アップロードと開始の2つのボタンがほぼすべての内容です。面白いのは、このサイトが実際の自撮りや顔写真をイラスト化させてアニメ風の画像に変えられるだけでなく、アニメ風の画像をリアルの写真に逆変換する機能も付けています。少なくともこのオプションを表示しています。いくつかのテストしましたが、うまく機能できないようです。

 

6. AniMe Online

動作環境:ウェブページ

料金:無料

AniMe Online

このウェブサイトは、顔写真や自撮りをオンラインで自動的にアニメ風に変換し、変換の結果をオンラインで表示させるウェブサイトでもあります。活用したAIアルゴリズムは、上記の2番目のツールUGATITとは一致しています。

上記のいくつかのウェブサイトと比べて使い方がよほど面倒です。クリックして写真をアップロードすると、ウェブサイトからメール登録とログインが求められます。 同時に、短時間で写真を数回でアップロードしようとするなら、Webサイトは頻繁すぎる操作と見なします。一方、結果からみると、イラスト化されたアニメスタイルの写真は、上記のどのツールよりも自然で綺麗です。


7. Photo cartoon

動作環境:ウェブページ

料金:無料

Photo Cartoon

アニメ風に写真をイラスト化する際、日本のアニメスタイルの代わりに、欧米のアニメ風にしたいなら、このウェブサイトはお好みに合うはずだと思います。

はっきりとした顔写真や自撮りをアップロードした後、左側にたくさんのアニメのエフェクトがあってそこからお気に入りのものを選べます。ですが、個人的にはもっと漫画、アニメ風っぽいスタイルは「Cartoon Real 1」というスタイルだけだと思います。

このスタイルを使用して良い結果を得るために、顔写真が鮮明で十分に大きいというのは必須の条件です。イラスト化の完成度からみるとは、結果は十分に綺麗です。しかし、イラスト化されたアニメ風の写真では、上下にウェブサイトのロゴの透かしが入っていて、��ょっと不快です。

 

Part2:アニメ風へ写真をイラスト化のモバイルアプリ

 

1. TwinFACE

動作環境:Android

料金:無料

TwinFACE

自撮りなどの写真をアニメ風にイラスト化させることのできるAndroidアプリです。変換の結果は感覚上、最初の4つのサイトと非常に似ている気がします。したがって、APPで使用されるAIアルゴリズムまたはモデルは、最初の4つのWebツールとは同じタイプだと推測できます。

この前、これらの4つのWebツールを使用した経験で、より良い処理の効果を求めるために、十分に大きくて鮮明で明るい自撮りや顔写真を使用する必要があることがわかります。Google Playでダウンロード数、レビューなどが見られて、アプリ品質への判断に役立ちます。

10,000人以上のユーザーが採点した結果、2.3星しかなく、コメント欄には変換の効果の悪さや顔の崩壊についてのレビューがたくさんあります。APPが非常に理想的な変換効果を得ることができない場合があるということが分かります。


2. BeautyPlus

動作環境:Android;iOS

料金:無料

beautyplusイラスト化

ビューティープラスは、カメラアプリケーションとして、盛れる自撮りを簡単にとることができ、ファンも大勢います。同時に、このカメラにはさまざまなAIフェイシャルエフェクトも組み込まれています。 

豊富なアニメ風のフィルターを使用して、自撮りの写真を高い解像度のアニメ画像にまでイラスト化させることができます。カメラのAIはあなたの顔の形を検出し、最も自然な似顔絵を作り出すことができます。完成度で判断すると、上記の各ツールで取得したアニメ風の写真よりも、自然でキュートに見えます。


3. Snapchat

動作環境:Android;iOS

料金:無料

snapchat

Snapchatは、ファンが非常に多い写真共有コミュニティとして、アプリのカメラ機能で写真アニメ化のフィルターを、シャッターの右側という非常に目立って便利な位置に配置しています。

ユーザーがアニメ風のイラスト化の写真を撮りたい場合は、シャッターの右側にある笑顔のようなボタンをクリックするだけで、さまざまなアニメスタイルのフィルターを呼び出すことができます。

シャッターを押す前にレンズ内にある顔の動きをプレビューできるリアルタイムのフィルターです。結果として得られるイラスト化された写真も結構きれいです。

 

まとめ

上記のツールについてのレビューから見て、完成度の高いアニメ風写真をイラスト化させるために、やはり流行りのスマホンアプリを使った方がより良い効果を取得できます。上記のアプリツールの他、TikTokやSnowなど大人気なSNSアプリやカメラアプリも同じ機能を付けています。

上文にあるWebツールはカメラアプリほど顔の認識、追跡の機能を持たず、おかしい結果もしょっちゅう出しますが、案外とカメラアプリのない「爆笑」の効果があるじゃないかと思います。どんなツールも気軽にお試しください。

Vance AIでアニメ 高画質に変換してきれいなPC壁紙を作る方法という記事を読んで、入手したアニメ画像を高画質化させる方法を詳しく了解しましょう。